ニュース
» 2019年04月24日 16時36分 公開

遠い昔、はるか銀河の“辺境”で――:米ディズニーランドに「スター・ウォーズ」エリアがやってくる フォース渦巻く世界に没入せよ (2/2)

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

レジスタンスとしてファースト・オーダーと戦え! 2019年末には新たなアトラクションも登場

 そしてもう1つのアトラクションは、ファースト・オーダーの巨大な戦艦、スター・デストロイヤーに潜り込み、レジスタンスの一員としてAT-ATやファースト・オーダー・トルーパーとのバトルを繰り広げる「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」(Star Wars: Rise of the Resistance)です。

スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス
スター・ウォーズ ライズ・オブ・ザ・レジスタンス スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンスはAT-ATとのバトルも体験できる?

 舞台となる街、ブラック・スパイアの一角にはうっそうと茂る森が存在します。実はファースト・オーダーの目を盗み、その奥にひっそりとレジスタンスの基地が存在するのです。レジスタンスの命を受け、ゲストは宇宙船に乗り込み、スター・デストロイヤーに忍び込むのですが……。このアトラクションは世界のディズニーパークにおいても最大級の大きさとなる予定で、没入感あふれるアトラクションになるのではないかと考えています。スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンスのオープンは少々遅れ、2019年末の予定です。

レストランもショップも、スター・ウォーズ世界を忠実に再現

 スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジでは、あの世界のメニューやグッズも楽しめます。レストラン「オーガのカンティーナ」をはじめ、計5つのレストランが存在し、その中にはエピソード4でルークが飲んでいた、あの「ブルーミルク」が飲めるミルクスタンドもあるとか。

スター・ウォーズ オーガのカンティーナ 「オーガのカンティーナ」の内部イメージ、左奥に見覚えのあるドロイドが……? (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C)&TM Lucasfilm Ltd.
スター・ウォーズ ブルーミルク みんなだいすきブルーミルクも飲めるんです (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C)&TM Lucasfilm Ltd.

 もちろん、オリジナルグッズもたくさん登場。自分のオリジナルドロイドを作ったり、ライトセーバーを組み立てられるショップも。

スター・ウォーズ ギャラクシーズ・エッジ ジェダイ スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジでは、ジェダイのスタイルを身にまとうこともできます (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C)&TM Lucasfilm Ltd.
スター・ウォーズ ギャラクシーズ・エッジ ドロイド ドロイドを作ってお土産にしましょう (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C)&TM Lucasfilm Ltd.
スター・ウォーズ ギャラクシーズ・エッジ ライトセーバー 自分に合ったライトセーバーを手にしたら、あなたもジェダイだ (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C)&TM Lucasfilm Ltd.
ファンイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」で発表されたグッズ映像

 そして注目なのは、もう1つのドリンクです。銀河の辺境でもコカ・コーラが飲めるようになります。そのボトルはバトゥーオリジナル。ブルーミルクを超えることができるでしょうか。

コカ・コーラと提携し、バトゥーでもおなじみのドリンクが飲めるように

新惑星「バトゥー」、皆さんも行ったことがあるかも?

 今回の新エリアの舞台は、惑星バトゥー。これまでスター・ウォーズの作品では登場しない、オリジナルの惑星が追加されました。これはスカイウォーカー一族をはじめとする映画の主人公のストーリーではなく、ここに来場するゲストのためのストーリーを用意したい、というディズニーの思いが込められています。

 実はこの惑星、我々のもっとも身近なスター・ウォーズ世界、東京ディズニーランドの「スター・ツアーズ」で既に登場していたりします(関連記事)。意外なつながりについては以前の記事でも解説しましたので、興味を持った方はぜひご一読ください。

 実はもう1つ、スター・ツアーズと関係するドロイドがいます。その名も「DJ R-3X」。先に紹介したレストラン「オーガのカンティーナ」に存在するDJドロイドこそ、初代スター・ツアーズで「コックピットから失礼!」と軽快なトークを飛ばしていた、キャプテン・レックスの再就職先での姿なのです。どうやらスター・ツアーズのスター・スピーダー3000が惑星バトゥーに墜落、救助ののちDJドロイドとして改造されたようです。なお、DJ R-3Xの声優はオリジナルのスター・ツアーズと同様、ポール・ルーベンスが演じます。

スター・ウォーズ キャプテン・レックス キャプテン・レックスこと「RX-24」。現在でも東京ディズニーランドのどこかで出会えるはず(D23 Expo 2017にて撮影)

 そしてこのスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジは、アメリカにもう一つあるフロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールドでも2019年8月29日にオープンすることが発表されました(ただし「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」は2019年末オープン予定:関連記事)。それだけでなく、一部の要素はディズニーランド・パリでもオープンする予定、さらにはウォルト・ディズニー・ワールドでは、スター・ウォーズ世界の“ホテル”が建設中です。

スター・ウォーズ ホテル フロリダ、ウォルト・ディズニー・ワールドに建設中のホテルイメージ Artist Concept Only (C)Disney / Lucasfilm Ltd. (C)&TM Lucasfilm Ltd.

 そうなると気になるのは、果たして東京ディズニーリゾートにもやってくるのかどうか。これまでスター・ツアーズが存在していて、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジが存在しないのは実は東京だけ。日本にやってくるかどうかは一切コメントがありませんが、その前に2020年の東京ディズニーランド大規模拡張(関連記事)、2022年の東京ディズニーシー大規模拡張(関連記事)が待っています。個人的にはその後になにかが起きないか、ひそかに期待しています。それまで待てない人は、ディズニーランドを目指し、アメリカ旅行を検討してみてはいかがでしょうか。

スター・ウォーズ 発表会 記者発表にはファースト・オーダー・トルーパーとカイロ・レンが登場。左からカリフォルニア ディズニーランド・リゾート 2019-2020アンバサダー ラファ・バロン氏、ディズニー・ディスティネーション インターナショナル・マーケティング&セールス バイスプレジデント ジェフ・ヴァン・ランジェヴェルト氏、ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル マーケティング/ビジネスストラテジー シニアマネージャー 澤田智子氏
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン