ニュース
» 2019年04月24日 21時00分 公開

辛い食べ物だらけの「四川フェス」に「白飯専門ブース」が出店 主催者の名采配に絶賛の声

辛いもんを食べるときは、やっぱりゴハンが欲しいよね。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 本格的な四川料理の集まる「四川フェス2019」が、4月20〜21日に新宿中央公園で開催されました。どの店も辛い物尽くしで、合間に優しい味をはさんで舌を休めたくなるところに、「白飯だけを売るブース」がオアシスのように出店。その采配が「慧眼」と賞賛されています。


四川フェス 食のイベントはオカズしか売ってなくて困ることもあるので、この配慮は助かる(画像提供:田中としひささん)

四川フェス チラシからして辛そうなイベント(以下、画像は四川フェス運営より提供)

四川フェス 出店リストの右上に注目

四川フェス おこめ!

 「田中農場」ブースで提供されたご飯は、鳥取県産の「プリンセスかおり」。辛いものに合うよう長粒種とコシヒカリの系統をかけ合わせた、同イベントにうってつけの品種です。気の利いた出店に、Twitterでは「顧客が本当に必要な物を売っている」「ゴールドラッシュ時に作業着を売ったリーバイスのよう」と、商いのうまさを讃える声が上がりました。


四川フェス

四川フェス 電子レンジでお米を炊けるグッズのプレゼントもありました

 四川フェス実行委員会に話を聞いたところ、過去2回の開催で一番多かった要望が、「お米が欲しい」だったとのこと。代表者が出身地の島根周辺でおいしいお米はないかと探したら、田中農場のプリンセスかおりと出会ったのだそうです。

 当日は米飯業者と知人のカフェの協力を受け、朝8時に炊飯しては専用容器に盛り、会場に運んだとのこと。大変な作業の甲斐あって、小盛り200円・普通盛り300円のご飯が合計1500食以上売れたそうです。

 全体の来場者は約10万人と過去最高を記録し、イベントは大盛況。次に開催する機会があったら、またお米専用のブースを作るとのことでした。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.