ニュース
» 2019年04月24日 21時00分 公開

辛い食べ物だらけの「四川フェス」に「白飯専門ブース」が出店 主催者の名采配に絶賛の声

辛いもんを食べるときは、やっぱりゴハンが欲しいよね。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 本格的な四川料理の集まる「四川フェス2019」が、4月20〜21日に新宿中央公園で開催されました。どの店も辛い物尽くしで、合間に優しい味をはさんで舌を休めたくなるところに、「白飯だけを売るブース」がオアシスのように出店。その采配が「慧眼」と賞賛されています。


四川フェス 食のイベントはオカズしか売ってなくて困ることもあるので、この配慮は助かる(画像提供:田中としひささん)

四川フェス チラシからして辛そうなイベント(以下、画像は四川フェス運営より提供)

四川フェス 出店リストの右上に注目

四川フェス おこめ!

 「田中農場」ブースで提供されたご飯は、鳥取県産の「プリンセスかおり」。辛いものに合うよう長粒種とコシヒカリの系統をかけ合わせた、同イベントにうってつけの品種です。気の利いた出店に、Twitterでは「顧客が本当に必要な物を売っている」「ゴールドラッシュ時に作業着を売ったリーバイスのよう」と、商いのうまさを讃える声が上がりました。


四川フェス

四川フェス 電子レンジでお米を炊けるグッズのプレゼントもありました

 四川フェス実行委員会に話を聞いたところ、過去2回の開催で一番多かった要望が、「お米が欲しい」だったとのこと。代表者が出身地の島根周辺でおいしいお米はないかと探したら、田中農場のプリンセスかおりと出会ったのだそうです。

 当日は米飯業者と知人のカフェの協力を受け、朝8時に炊飯しては専用容器に盛り、会場に運んだとのこと。大変な作業の甲斐あって、小盛り200円・普通盛り300円のご飯が合計1500食以上売れたそうです。

 全体の来場者は約10万人と過去最高を記録し、イベントは大盛況。次に開催する機会があったら、またお米専用のブースを作るとのことでした。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」