ニュース
» 2019年04月20日 11時00分 公開

「実は高齢者の購入が多い」「肌の露出は控えめ」 北海道「沿岸バス」の萌えキャラフリーきっぷ、“中の人”に裏側を聞いてみた(2/2 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 萌えキャラ関連商品というと若者やマニアの購入が多いように思いますが、萌えっ子フリーきっぷの購入者で一番多いのは、実は管内北部の遠別町や天塩町在住の高齢者で、全体の4割を占めるとのこと。「両地域では、2時間以上かけて留萌の病院へ通う方も多く、萌えっ子フリーきっぷを上手に活用いただいているようです」と中の人。

 近年では、北海道や沿線市町村の要請を受けて萌えっ子キャラクターが広報活動に「出張」するなど、活動範囲も拡大。北海道(道庁)留萌振興局による、深川留萌自動車道と沿線市町村をPRするポスターにも出演しています。ご当地キャラを模したメカに沿岸バスの萌えっ子がパイロットとして乗り込む架空のロボットWebアニメも制作されています。

萌えっ子キャラクターが登場するPRポスター

肌の露出は控えめに

 萌えっ子のキャラクターは、基本的に中の人が大まかなイメージを考えています。キャラクターは、「地方のバス会社に勤務する女の子たちを中心に繰り広げられる日常的ほのぼのストーリー」というプロットに基づいて展開。

沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ 萌えっ子ポスター

 キャラクターづくりで心がけていることは、高齢者の利用が多いため、「いわゆる萌えキャラになじみのない方にも『あら、かわいい』と言ってもらえるようなデザインを心がけています」だと中の人は話します。

 「遊び心は大事にしていますが、全年齢向けに発行するきっぷなので、どのキャラクターも肌の露出は控えめにしています。離島っ娘の観音崎らいなと白浜ひばりは例外的に水着主体ですが、離島航路の船と同じカラーリングのセーラー服を組み合わせて寒々しさを緩和し、素肌部分は健康的に見えるよう指定しています」(中の人)

沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ 観音崎らいなは高速乗合バスや高速船のラッピングに起用

 人気のあるキャラクターは、バスガイドの豊岬あゆみ(とよさき・あゆみ)と増毛智恵理(ましけ・ちえり)、離島に住む中学生という設定で、高速乗合バスや高速船のラッピングにも起用された観音崎らいな(かんのんざき・らいな)とのこと。地域によって人気のあるキャラクターが大きく異なり、ご当地にちなんだ萌えっ子を推す人が多いようだといいます。その傾向は各キャラクターをあしらったオリジナル缶バッジの地域別売り上げにも表れているそうです。

沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ 人気のあるキャラ。左から豊岬あゆみ、増毛智恵理、観音崎らいな
沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ
沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ 缶バッジなどグッズも展開

10周年まで続いた秘訣

 「10周年まで続いた秘訣」を聞いたところ、「企画の根底にある『遊び心』が好意的に評価されたことが大きいです」と中の人。とはいえ、萌えっ子フリーきっぷの利用増をもってしても赤字路線の現状維持は難しく、近い将来にさらなる再編を進めることになりそうだと語りました。

 地方の公共交通を取り巻く環境は厳しい状況にあり、鉄道の廃線やバス路線の廃止などのニュースも聞かれます。そんな中でも、「今後も安全な輸送とお客様に親しんでいただけるような遊び心を忘れずにつとめて参ります」と中の人は意気込みを語ってくれました。

沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ
沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ 萌えっ子はステッカーやアクリルスタンドにも

 「沿岸バスの『絶景領域・萌えっ子フリーきっぷ』は、今年10周年を迎えることができました。沿線には、旧駅から酒蔵・国稀酒造まで歴史通りが続く増毛町や、日本海に浮かぶ天売島・焼尻島を擁する羽幌町、最北の温泉郷・豊富温泉など観光スポットが数多く点在しています。管内へお越しの際は、ぜひ沿岸バスの路線バスをご利用ください。皆さまのご利用をお待ちしております」(中の人)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」