ニュース
» 2019年04月25日 07時30分 公開

「若者の個性を抑圧しておきながら、社会は個性を求める」 風刺漫画「社会適合者のつくりかた」に反響

周囲に合わせるのではなく、自分の個性に合う場を求める生き方だってあるのですけれど、それはそれで難しかったり。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔から尾崎豊やザ・ブルーハーツらが歌っているように、いつの世も社会からの抑圧は若者をさいなむものです。そんな気持ちから描かれた風刺漫画「社会適合者のつくりかた」が、大きな反響を呼んでいます。


アイキャッチ 協調性を求められ、個性を抑えられながら育った主人公。いざ社会に出ようとすると……

 主人公は小さいころ、傷だらけになりながらも外で活発に遊んでいました。しかし周囲からは「女の子なんだからおしとやかに」「普通にしなよ」などと言われてしまいます。成長してからも、「お姉ちゃんだからもうできるよね」「平均点以上は取ってよ」と、どんどん「普通」や「当然」を求められていきます。


1P

 生来の明るい髪色は「黒髪が普通」と怒られ、運動部では「休まずがんばれ」「甘えるな」と同調を求められることに。それでも主人公は、無言で耐えていきます。


2P

 その後彼女は、同性のことが好きになりました。すると周囲から「おかしい」「普通じゃない」と否定され、やがて恋人の手を放してしまいます。


3P 最初のコマが、無理がたたっての大ケガで、スポーツを断念したことを示唆

 学生生活も終わりにさしかかり、主人公は就活へ。ところが、これまで周囲の求める「普通」に応えて“我”を押し殺してきたというのに、会社は「個性」を求めます。

 彼女はそれまでに培った「なんでも耐えてこなす」能力をアピールして、採用を勝ち取りました。周囲と同様の仮面と服装に身を包み、「社会の歯車の一員になれたことに常に感謝を〜」と不穏なアナウンスの鳴り響く電車に乗って社会に出ます。仮面の奥に、かつての自分の個性を封印しながら――結局のところ、会社は最初から個性など求めておらず、主人公が従順になるよう仕向けたともとれます。


4P やがてアナウンスは意味をなさない音となり、電車は走り出す

 あめみくろ(@ammkr2222)さんが「個性を殺してきたのはお前らだろ」との思いを込めて描いたこの漫画には、共感が多数。「『教育』『同調圧力』『洗脳』『普通』『常識』に対するモヤモヤしていた思いが全て書いてあった」「いざ個性を出そうとすると、のけ者にされる」「しょせん会社が求める『個性』とは、『利益を出せる個性』のこと」など、社会の理不尽さを嘆く声が寄せられました。


 その一方で、「個性を認めてもらうには相応の実力が必要で、社会の体質だけの問題ではない」とする、厳しい指摘も。「一見すると同じようなスーツの集団にも、意外といろいろな人がいる」「現実はそこまでひどくない」など、漫画ほどに世間の人は画一的でもなく、不寛容でもないといった声もあります。楽観していて良いわけではないですが、そんなに社会を悲観的に見なくてもいいのではないかなと、いろいろ考えさせられた次第です。


作品提供:あめみくろ(@ammkr2222)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響