レビュー
» 2019年04月25日 10時30分 公開

松井珠理奈たちに天海祐希はだまされた? 木9「緊急取調室」2話の女流棋士犯罪の結末を深読みする(1/2 ページ)

松井珠理奈にこの役って意味深。

[寺西ジャジューカ, イラスト:納口龍司,ねとらぼ]

 4月18日に「緊急取調室」(テレビ朝日系)の第2話が放送された。2014年より始まった人気ドラマの第3シーズン。可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称キントリ)」が数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ものだ。


緊急取調室 1話完結だからどっからでも見てもだいじょうぶ、もちろんシーズン3からでも楽しめる。「緊急取調室」シーズン1DVD-BOX(2014テレビ朝日/TCエンタテインメント)

 ……と説明しているものの、筆者は今までこのドラマを見たことがなかった。まあ、基本的に1話完結で進んでいくので問題なし。途中参加でもOKだ。あと、フォーマットがあるのでビギナーも見やすい。「緊急取調室」は、いつもゲストが犯人なのだ。だから、このドラマに犯人当ての要素はない。頭脳と話術を駆使して取り調べするキントリと、必死にあらがおうとする被疑者の攻防が見どころになる。

第2話あらすじ、“二元同時取り調べ”

 とある旅館で女流棋戦が行われた。20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)の対局だ。その最中、解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が体調を崩して退席、控室で絶命した。死因は中毒死。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に毒キノコの粉末が混入していたのだ。

 現場へ駆けつけた警察に、あずさは「橘日名子三段が犯人です」と断言。キントリから取り調べを受けた日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まる。対局中、あずさが長考している間に日名子は約5分退席し、このとき日名子が触れた蘭の花から毒キノコの粉末が発見されたからだ。

 しかし、真壁有希子(天海祐希)は話ができすぎだと感じる。キントリは対局で使われた駒に毒キノコの粉末がついていないか調査した。そして王手をかけるべく、日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、二元同時取り調べを始めた。


緊急取調室 天海祐希演じる真壁有希子刑事(イケメン!)を中心に男たちがガッチリ固める「緊急事案対応取調班(通称キントリ)」の面々 イラスト/納口龍司

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響