ニュース
» 2019年04月25日 21時00分 公開

スマホに気を取られて作業が捗らない人に 「一定時間は絶対開かない箱」に入れて誘惑を断つライフハック

本来はお菓子やお酒をガマンするための箱を、別の欲望に応用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 勉強や仕事の案件を抱えているのに、ついついスマホなどをいじってしまう……そんな人に役立つライフハックを、謎解き問題作家の松丸亮吾(@ryogomatsumaru)さんが編み出しました。やり方は誘惑の元を「一定時間絶対に開かない箱」に入れてシャットアウトするだけ。シンプルながら効きそう。


タイムロッキングコンテナ スマホとゲームのコントローラーを箱に封印

タイムロッキングコンテナ 設定した時間は開かないので、それまで作業に集中だ

 松丸さんが使っているのは、ネットで売られている「タイムロッキングコンテナ」。本来はお菓子やお酒を入れて間食や飲酒をセーブするための器具を、別の欲望を断つために転用したわけです。誘惑に負けて壊してしまいそうな気もしますが、約1万円というけっこうなお値段が抑止力になるとのことです。


 松丸さんは自ら実践し、「思った以上に仕事が捗る」とコメント。あらかじめワイヤレスヘッドセットやスマートウォッチを連携させておけば、緊急の電話もとれるので連絡面での支障はありません。なお、ツイートの影響力は高く、タイムロッキングコンテナは品切れが続出。輸入代理店から松丸さんに直接連絡があったそうです。


画像提供:松丸亮吾(@ryogomatsumaru)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.