レビュー
» 2019年04月26日 10時50分 公開

ド変態な山下智久、ドSな菜々緒、雑な扱いを受け続ける濱田岳の良トリオ「インハンド」 事件はヘビー

山Pのカッチョいいロボットハンドが示す未来の希望。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 山P&菜々緒のダブル・ドSに虐げられる濱田岳という構図が定着してきた金曜ドラマ「インハンド」(TBS系・金曜22時〜 Paravi配信)第2話。

 ド変態な寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)の助手として雇われたことによって、ますます雑な扱いを受けるようになっている高家(濱田岳)。特に上下関係ないはずなのに、ドSにガンガン突っ込んでくるサイエンスメディカル対策室の牧野巴(菜々緒)。3人のワチャワチャしたやりとりでテンポよく進行していくが、事件はヘビーな内容だった。


インハンド ド変態な山P、ドSな菜々緒、雑な扱いを受け続けるかわいそうな濱田岳 イラスト/北村ヂン

第2話のあらすじ

 1900年代初頭にニューヨーク市周辺で家政婦をしていたメアリー・マローンは、腸チフスに感染しているのに症状が出ない体質だったため、無自覚のまま周囲に細菌をまき散らし、多数の感染者を出してしまった。今回はその「腸チフスのメアリー」をモチーフとしたストーリー。

 日本ではまだ感染例のない「ハートランドウィルス」の集団感染が発生した。本来は、日本にはいない「シカダニ」に刺されることによって感染するウィルスだが、感染者たちからはシカダニに刺された跡が見つからない。

 そこで浮上してきたのが、自身には症状が出ないまま周囲にウィルスをまき散らしてしまう「スーパースプレッダー」の存在。紐倉たちが調査を進めると、母親がハートランドウィルスに感染し亡くなってしまった、少年・金井渉(込江大牙)にたどり着く。


インハンド 山P所長の紐蔵研究所とサイエンスメディカル対策室(通称SM)相関図  イラスト/北村ヂン

「僕たちの未来のために生きてくれ」山Pが未来を語る

 感染源である犯人「スーパースプレッダー」探しは、多少のひっかけはあったものの、あっけないほどサクサク解決していたが、本当の問題は、母親や知人たちに病気を感染させ、殺してしまったという事実と、渉がどう向き合えばいいかということだ。

 高家や牧野が感染をおそれ、渉に近づくことができない中、紐倉は、自分の右腕がなくなったのは飼い犬の病原菌のせいだと語る(嘘らしいが)。

 「悪いのは犬じゃない、病原菌だ」

 紐倉は、第1話でも「憎むべきは人じゃない、シャーガス病そのものだよ」と語っていた。寄生虫にしか興味のない変態なのに、人間にもだいぶ優しい!

 「でも忘れないでくれ、お前は人類の希望だ」

 ハートランドウィルスに感染しても症状が出ないため、無自覚にウィルスをまき散らしてしまった渉だが、「症状が出ない」ということは、ウィルスに対する抗体や免疫が備わっているとも言える。

 「僕たちの未来のために生きてくれ」「お前は兵器なんかじゃない、僕たちの救世主だ」

 第1話も第2話も、病気によって身近な人を亡くしてしまった人が犯人。事件としては解決しても、後味の悪い結末だった。しかし紐倉は「未来」を見ることで希望をつなごうとする。

 紐倉自身が何らかの事情で右手を失ってしまったことも不幸だが、カッチョいいロボットハンドになったということは希望のある「未来」だ。ロボットハンドだからこそ、触るとウィルスに感染する恐れがある渉の手を握れるし、頭をなでられる。

 キャラ立ちはするものの、今のところロボットハンドである必要性はあまり見つからない原作漫画に対し、ドラマ版ではロボットハンドの特徴を積極的に活用している。第1話では、手首をパコッと外して拘束から逃れてたし!


インハンド 衝撃のシーン! ドラマ版ではロボットハンドの特徴を積極的に活用している イラスト/北村ヂン

ハートランドウィルスのドラマ内設定にモヤモヤ

 難しい役に挑んだ子役・込江大牙くんのいじらしい演技に引き込まれた第2話だったが、いかんせん「ハートランドウィルス」の設定があやふやでモヤモヤしてしまった。

 今回、テーマとなった「スーパースプレッダー」だが、本来、このような現象が起こるのは、腸チフスのように人から人へ伝染する感染症に限られる。本作では、「ハートランドウィルス」が突然変異して感染力が高まり、人から人への接触感染もするようになったという設定になっていたが、実際には「ハートランドウィルス」が人から人へ接触感染することは考えにくいという。

 また、ドラマ内設定として、接触感染はするが空気感染や飛沫感染はしない(だからこそ、だいぶ近くにいた紐倉や高家は感染しなかった)ということになっているようだが、感染シーンでモワモワ〜っと煙が広がって伝染していくようなエフェクトが使用されており「空気感染するの!?」と混乱した。

 架空のウィルスだったらともかく、「ハートランドウィルス」は実在する。リアリティを出すために、実在するマイナーなウィルスの名前を使用しつつ、ストーリーに合わせて「接触感染する」という設定を取り入れたのではないかと思うが、今のところ日本では感染例がない、なじみのないウィルスだけに、今後、日本上陸してしまった時に「あーっ、あのドラマで見たウィルス!」と思ってしまう可能性は高い。

 その際に「ハートランドウィルスは接触感染する。なんなら空気感染もするかも」という誤ったイメージを持たれてしまいかねない。医療をテーマにしたドラマでもあるし、ネット経由で変な情報の伝わり方をすることがある時代なだけに、その辺はもうちょっと気を遣ってもよかったのでは!?

北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる