ニュース
» 2019年04月27日 10時30分 公開

姉の夜逃げに弟が女装してついてきた――自分らしく生きようと支え合う姉妹の漫画に「勇気もらった」と大反響(1/2 ページ)

離婚をきっかけに田舎から出ていこうとしたところ、弟がなぜか女の子の格好でフェリーに乗り込んできて――。

[ねとらぼ]

 離婚をきっかけに田舎を出ていこうと東京行きのフェリーに乗り込んだところ、弟がなぜか女装した姿で追いかけてきた――。自分らしく生きていこうと支え合う姉妹の姿を描いた短編漫画「きりのふえ」が、Twitterで「勇気をもらいました」「心があたたかくなりました」と多くの人々に感動を与えています。

画像提供:@miwa_tilucaさん


 旦那や義理の母との生活に限界を覚え、離婚を決意したナナ子。しかし実家の両親から「バツイチなんて世間様にどう顔向けするんだ」と反対に遭い、夜逃げするような形で深夜のフェリーに乗り込みました。すると「待って」と追いかけてくる者が。弟の昭くん……でしたが、なぜかスカートをはくなど女の子の服装です。船上で昭くんは真剣なまなざしで、実は心の中身が女の子、妹だったことを告白するのでした。


 両親には「お前までおれたちに恥をかかせるのか」とあきれられ、東京でナナ子と一緒に暮らしたいと、フェリーまで追ってきた理由を伝える昭。本当にそれでいいのか確認されても、「お姉ちゃんがいれば 大丈夫!」と満面の笑みです。特別仲が良かったわけではなく、殻に閉じこもったような性格だった弟――「私はいつあの子の信頼を得たんだ?」「全部捨てて逃げ出すような私なのに」とナナ子は疑問を拭えません。


 出航後にカップ麺をすすりながら、昭が女の子の格好で外に出たのは今日が初めてだったことを知り驚きます。そして「私も昭ちゃんみたく堂々とできたら こんな夜逃げみたいなマネしなくてすんだかなぁ」と暗い顔。自分の気持ちに素直になって飛び出したとはいえ、心の中は不安だらけだったのです。一方で昭は昭で、就寝後の姉を思い詰めた表情で見つめるのでした。



 翌朝、ナナ子は濃い霧の中でデッキに佇む昭の姿を見つけます。いきなり鳴り響く大きな汽笛……海の向こうには、姉妹船らしきフェリーが並走しています。そこで昭はどうして船が汽笛を鳴らし合うのか、なぜ自分が女として生きる覚悟を決められたのか、並走する船に例えながら胸の内を語り始めるのでした。そしてナナ子は気付きます。「妹は昨日からずっと 応答の霧笛を鳴らしていたのだ」と。


 集団社会の常識に反して、自分の生きたいように生きていくというのは強い心が要るもの。その恐怖を払ってくれる存在が身近にいるのはどれほど心強いものなのか――はぐれ者同士となった姉妹が互いの勇気に励まされ合う姿を、東京行きのフェリーという舞台、霧笛という題材で24ページにまとめあげた秀逸な短編です。

 作者はマンガ家の三輪まことさん(@miwa_tiluca)。作品はTwitterで投稿されるや2万5000回以上リツイートされ、「いいね」も7万件以上付くなど大反響となりました。読者からは「自分の望む道に飛び出していく姿に勇気をもらいました」「色んな人の目があるなかで思い切って行動するのは凄い勇気がいることだと改めて感じました」と2人の並走する姿に心打たれる声が多く寄せられています。

 三輪まことさんは小学館の青年漫画誌『ビッグコミック・スペリオール』で新作『わるいあね』を連載開始。かつて実の弟を誘拐して大けがを負わせてしまったがために、家族関係を崩壊させてしまった姉――その弟が彼女の元に7年ぶりに姿を現し、禁断の情念と愛の物語となっています。2話目までが「めちゃコミック」で無料配信中です。

画像提供:三輪まことさん(@miwa_tiluca

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  9. /nl/articles/2205/22/news037.jpg ディズニー+新作「チップとデールの大作戦」のサプライズに「頭がおかしい」「怒られろ」の声 ネタバレ踏む前に冒頭10分だけでも見て!
  10. /nl/articles/2205/23/news008.jpg 「あごが床まで落ちたジェリー」「チーズ丸のみタフィー」も登場 「トムとジェリー」のカプセルトイの第3弾

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声