ニュース
» 2019年04月28日 08時00分 公開

こんな老人ホームあったらいいな! 老後も腐女子ライフを満喫できる老人ホームを描いた漫画に入居希望者続出

死ぬ瞬間まで楽しい腐女子ライフが送れそう。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 長く腐女子をしていると、この先腐女子をやめるつもりもなければ、普通の生活に戻れるとも思わないものです。腐女子の作者が描いた、老後は腐女子専用老人ホームで即売会したり薄い本を形見分けしたりしながら過ごしたいという、希望あふれる漫画が話題です。

腐女子 同人誌 コミケ 腐女子のための老人ホーム、介護する人も腐女子だったらなお良いと思います

 腐女子を通り過ぎて腐婆婆(ふばーば)となった女性たちが暮らす老人ホームでは、他の老人ホームとは違うところがあります。それは「形見分けの会」という風習があることです。「形見分けの会」は亡くなった入居者の四十九日法要が過ぎたころに行われ、遺された同人誌やグッズを仲間で形見分けします。遺されたものを分けながら、彼女が愛したジャンルのことに思いを馳せて、故人をしのぶのです。しかもこの老人ホーム、名前を呼ぶときは本名ではなく、ペンネームまたはハンドルネームのようです。

腐女子 同人誌 コミケ 遺った同人誌は燃やさず、欲しい人の手に引き継がれていくのとても良い

 この老人ホームでは認知症の進行を遅らせる一環として、定期的に同人誌即売会が行われています。「形見分けの会」では、逆カプ論争をした相手の本をこっそり通販で買っていたという事実が判明するなんていうことも。生前もっと素直になってほしかった……。

腐女子 同人誌 コミケ 老いてもまだ創作意欲があるのもすごい

 もちろん掘り出し物の薄い本が見つかることもあります。しかし年齢制限の壁がこんなところにも立ちはだかります。表紙を良く見てみるとなんと「R80」の文字が! むしろ気になる80禁本の中身! そして形見分けで最も命がけとなるのは、やはり地雷カプ本。地雷カプ本を読んでしまったがために泡を吹いて倒れてしまうことも、このホームならではかもしれないですね。そんな大変なこともあるけど、やっぱり楽しそう!

腐女子 同人誌 コミケ 年齢制限の理由はR18のとは違うんだと思われる

 死ぬまで腐女子を貫くつもりの腐女子にとっては、こんな老人ホームがあったら喜んで入所したいところ。この漫画に読者からは「ぜひ入りたい」「腐のものを安心して残して逝けるなんて……」などの入居希望者からの声のほか、現役介護職からの転職希望も届いています。

 こんな老人ホームが本当にあったら、ある時は推しカプについて語り合い、ある時はマナー違反について語る学級会が起きたり、楽しい毎日が過ごせそうですね。

画像提供:匿名希望の作者さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響