ニュース
» 2019年05月01日 09時00分 公開

料理の名前が「死んだおばあちゃん」!? コミックエッセイ『この社会主義グルメがすごい!!』発売

同人誌で人気の作品の商業版が登場。

[ねとらぼ]

 「死んだおばあちゃん」「NVA夜戦スープ」など社会主義圏の独特な料理を紹介するコミックエッセイ『この社会主義グルメがすごい!!』(KADOKAWA、原作:内田弘樹、作画:河内和泉)が単行本化されました。価格は1080円。

この社会主義グルメがすごい!! 『この社会主義グルメがすごい!!』

 同人誌で人気を博した同作は、社会主義国家を擬人化したキャラ・トロイカとともに、社会主義圏で愛された“赤い料理”を食レポする内容。例えば「死んだおばあちゃん」は、家畜の血を混ぜ込んだブラッドソーセージを野菜と一緒に崩しつついためて、ザワークラウトやふかしいもを添えた料理。名前の由来は「見た目が死んだおばあちゃんみたいにひどいから」と解説しています。そ、そんな……。

この社会主義グルメがすごい!!
この社会主義グルメがすごい!! 「死んだおばあちゃん」の紹介

 今回登場する商業版は、新キャラクターが登場する他、カバーイラスト、コミックはすべて描き下ろしで、原作者による社会主義エッセイも収録します。コミックとエッセイで社会主義とその国家の成り立ちから暮らしていた人々が愛した料理までわかる特盛り仕様とのこと。

この社会主義グルメがすごい!!
この社会主義グルメがすごい!!
この社会主義グルメがすごい!! 特典のトレカ風レシピカード(アニメイト版)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」