ニュース
» 2019年05月01日 09時00分 公開

料理の名前が「死んだおばあちゃん」!? コミックエッセイ『この社会主義グルメがすごい!!』発売

同人誌で人気の作品の商業版が登場。

[ねとらぼ]

 「死んだおばあちゃん」「NVA夜戦スープ」など社会主義圏の独特な料理を紹介するコミックエッセイ『この社会主義グルメがすごい!!』(KADOKAWA、原作:内田弘樹、作画:河内和泉)が単行本化されました。価格は1080円。

この社会主義グルメがすごい!! 『この社会主義グルメがすごい!!』

 同人誌で人気を博した同作は、社会主義国家を擬人化したキャラ・トロイカとともに、社会主義圏で愛された“赤い料理”を食レポする内容。例えば「死んだおばあちゃん」は、家畜の血を混ぜ込んだブラッドソーセージを野菜と一緒に崩しつついためて、ザワークラウトやふかしいもを添えた料理。名前の由来は「見た目が死んだおばあちゃんみたいにひどいから」と解説しています。そ、そんな……。

この社会主義グルメがすごい!!
この社会主義グルメがすごい!! 「死んだおばあちゃん」の紹介

 今回登場する商業版は、新キャラクターが登場する他、カバーイラスト、コミックはすべて描き下ろしで、原作者による社会主義エッセイも収録します。コミックとエッセイで社会主義とその国家の成り立ちから暮らしていた人々が愛した料理までわかる特盛り仕様とのこと。

この社会主義グルメがすごい!!
この社会主義グルメがすごい!!
この社会主義グルメがすごい!! 特典のトレカ風レシピカード(アニメイト版)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.