ニュース
» 2019年05月01日 10時40分 公開

改元祝い、道頓堀川へ飛び込んだ人が観光船に激突 運営会社は「船に人が落ちること自体初めて」と困惑

あれほど飛び込むなと言われているのに、なぜ飛び込んでしまうのか……。

[Kikka,ねとらぼ]

 4月30日、改元を祝おうと大阪・戎橋から道頓堀川に飛び込もうとした男性1人が、道頓堀川を運航する観光船「とんぼりリバークルーズ」に激突する事故がありました。運営会社に事故の詳細を聞きました。

 事故が発生したのは20時30分ごろ。戎橋から道頓堀川に向かって飛び降りた男性が、とんぼりリバークルーズ船の1隻に激突しました。通常、W杯や阪神優勝など、戎橋に人が集まるような場合には、運営会社と大阪府警などが協議して営業時間を変更したり、営業を取りやめたりするほか、警察も警戒にあたると言いますが、事故発生時刻は改元までまだ時間があったことなどから、警戒態勢には入っていませんでした。


とんぼりリバークルーズ 事故が発生した戎橋から道頓堀川を見たところ(Googleマップより)

 とんぼりリバークルーズの窓口を務めている一本松海運によると、男性が落下してきたのは前方甲板部。そこには偶然緩衝用のタイヤが積まれていたと言い、それがクッションになったことが不幸中の幸いでした。

 男性が落下してきたポイントは着岸点の近くだったこともあり、すぐに着岸した後スタッフがケアに入ったものの、男性本人が介助を断って立ち去ったことから、詳しいケガの詳細などは分かっていません。


とんぼりリバークルーズ とんぼりリバークルーズから見た戎橋(Googleマップより)

 担当者はねとらぼ編集部の取材に対し、「船の上に人が落ちてくること自体初めてですし、想定外です」と困惑しつつ、「今回の事故を受け、あらためて注意策を検討しなくてはならないと感じています」とコメント。

 道頓堀川への飛び込みについては「再三注意されてきましたが、メディアが取り上げたりするので、目立とうとする人が後を絶ちません。本当に危険なのでやめてほしいです。今回はクルーズに乗船していたお客さまにも船にも被害はありませんでしたが、現在警察に事故状況を報告するため準備を進めています」と語りました。

 道頓堀川への飛び込みについては過去に死亡事故も発生しています。無謀な飛び込みは絶対にやめましょう。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.