ニュース
» 2019年05月02日 16時42分 公開

平成最後の日、いつもと変わらずダラダラ過ごす夫婦の漫画 「泣かせる」「こんな2人になりたい」の声

世間的に特別な日だろうが、あなたとご飯食べて、あなたと映画観て……。

[ねとらぼ]

 令和へのカウントダウンをするため渋谷スクランブル交差点に集まったり、親戚一同で退位の儀式をテレビ中継で見守ったり――さまざまな過ごし方をした平成最後の日。世間のお祭りムードの中、ある夫婦が平成最後の日をいつも通りマイペースに過ごす姿を描いた漫画が、Twitterで人々の胸をときめかせています。作者はふじひとさん(@delpilot)。

平成最後の日の漫画」(画像提供:@delpilotさん)

 「平成最後の火曜日!」「平成最後のお洗濯日和!」としつこく“平成最後”を繰り返すテレビに「地球最後の日でもあるめえに」と白ける妻。世間の熱気に対し、どこにも出かけず自宅で暇な休日を過ごしているためすっかりひねくれているようです。


 そこで夫からの「じゃあお前だけ今日は地球最後の日だと思って過ごせば?」という提案にすぐさま乗り気に。「そうと決まればファミマだ! おい地球最後の日に何食べたい!?」「ファミチキとフルーツサンドかな」「ツタヤ寄るけどなんか借りてくる?」「ホームアローンの一番古いの」。夫にリクエストを募りながら、ぜいたくなお家デートを満喫するためにウキウキと買い物の支度を始めます。


 「ついでにイオンでお醤油買ってきて」「あ〜い」「お酒飲むべ?」「ストロングゼロちゃんかってくる♪」「よろしく」……やりとりしていくうちに、夫はつい笑い出してしまいます。「結局お前の地球最後の日っていつもと変わらないな〜って」。すると妻は満面の笑みで「ばかだなあ それがいいんじゃないか」と返し、こう続けるのでした。「平成最後の日でも地球最後の日でも あなたとご飯食べて あなたと映画観て あなたと笑っていたいのよ」。


 “平成最後”のように人生で二度と来ない日とわかっていると特別な意味を持たせたくなってしまうもの。それに動じずいつもの調子で2人の時間を満喫しようとする姿に、強い愛を感じる作品です。面と向かって自分の言葉で、どんな日でもあなたと笑っていたい、と言えてしまう仲とかロマンスすぎる……地球最後の日に家で「ホーム・アローン」とか優勝でしょ……。

 Twitterでは漫画に対し「すごく良い(切実)」「泣かせるではないか」と2人の愛の形にときめく声が続出。「地球最期の日に一緒にいたい相手がいたら素敵ですね」「こんな事言いてぇなぁ」「私もこんな2人になりたいしこんな2人でありたい」とあこがれを抱くコメントも寄せられていました。

画像提供:ふじひとさん(@delpilot



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」