天海祐希「緊急取調室」仙道敦子の演技が光った3話 「お年寄りからじゃない! 食うに困らない金持ちからよ!!」叫ぶ詐欺師に危うく共感しそうで焦る(1/2 ページ)

カリスマトレーダーが裕福な高齢者を詐欺にハメたのは――仙道敦子怪演。

» 2019年05月02日 18時30分 公開

 4月25日に放送された「緊急取調室」(テレビ朝日系)3話は、仙道敦子の演技が光っていた。妬みが滲み出る怪演はある種の共感を呼び、同時に気色が悪かった。


緊急取調室 天海祐希演じる真壁有希子刑事を中心に「緊急事案対応取調班(通称キントリ)」の面々。いつも打ち上げが楽しそう イラスト/納口龍司

第3話あらすじ“5億稼ぐ女”

 仮想通貨取引を意のままに操り、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が自宅マンションで殺された。死因は頭部をアタッシェケースで強打されたことによる脳挫傷。すぐに、第一発見者の平井かすみ(仙道敦子)が逮捕された。容疑は殺人ではなく詐欺。かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行していたのだ。“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみだった。

 その矢先、理沙が男性高齢者たちを相手に詐欺を働いていたことが判明。「緊急事案対応取調班(通称:キントリ)」の真壁有希子(天海祐希)はかすみの母・よしえが住む老人ホームを訪ねた。よしえが認知症を患っているとわかった有希子は帰ろうとするも、ホームの見学者にアンケートを取っている場面を見てひらめく。調べたところ、理沙が詐欺を持ち掛けていたのは同ホームの見学者だとわかった。そして、200枚ものアンケートが紛失していることも判明。しかし、かすみがアンケートを盗んだ証拠がない。有希子はかすみを揺さぶるため、取調室によしえを連れてきた。しかし、「情に訴えるなんて古臭い。私は昔から母が嫌い。ホームに入れたのは母のためじゃなく自分のため」と、かすみは一笑に付した。

 実は、有希子の本当の狙いは一緒に来ていたヘルパーの門倉俊也(永岡佑)だった。理沙を殺した犯人は門倉だと睨んでいたキントリ。売ったアンケートを返してもらおうと理沙の家を訪れ、大金を見て衝動的に理沙を殺したことを門倉は認めた。

 かすみに理沙殺害の犯人が逮捕されたことを告げた有希子は、続けて「理沙に詐欺を行わせていたのはあなたですね?」と追い詰める。着けている指輪は結婚指輪に見せかけたスマートリングで、詐欺で奪ったお金の隠し場所はトランクルームと指摘されたかすみは容疑を認め、詐欺容疑で再逮捕された。


緊急取調室 「緊急取調室」シーズン1DVD-BOX(2014テレビ朝日/TCエンタテインメント)現在はシーズン3放映中だが、初心者にもわかりやすい、いきなり見てもわかる脚本力すごい

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」