ニュース
» 2019年05月04日 23時43分 公開

ゲーム編集者・大塚ギチさん死去 名著『トウキョウヘッド』で「バーチャファイター」シーン描く

アーケードシーンのよき理解者であり伝道者でした。

[ねとらぼ]

 ゲームライター・編集者として活躍した大塚ギチさんが、去る5月1日に亡くなっていたことが分かりました。大塚さんと親交が深かったゲームセンター・ミカドの公式Twitterが5月4日、親族の許可を得て発表したもの。



 1974年生まれで、ゲーム雑誌『HiPPON SUPER!』を経てフリーのライター・編集者に。1995年に上梓したノンフィクション小説『トウキョウヘッド19931995』は、「バーチャファイター」ムーブメントに沸いた当時のアーケードシーンをつぶさに描いた名著としてゲームファンの間で高く評価されました。


大塚ギチ 死去 大塚ギチさんのTwitter(@otg_jp

大塚ギチ 死去 代表作『トウキョウヘッド19931995』

 1999年には自身の会社、アンダーセルを設立し、さまざまなゲーム・サブカルチャー本の編集をはじめ、書籍デザインやイベント企画など幅広く活動。しかし2018年7月に自宅マンションの階段で転倒し、頭蓋骨骨折、外傷性くも膜下出血などで意識不明の重体に。一時は生死の境をさまよいましたが、その後治療を続け、2019年3月には自身のサイトで近況を報告するとともに、入院中のさまざまな支援活動について感謝の言葉をつづっていました。



大塚ギチ 死去 2013年には『TOKYOHEAD RE:MASTERED』として文庫化もされていました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.