ニュース
» 2019年05月07日 15時24分 公開

美濃太田駅の立ち売り駅弁が5月31日終了 1日の販売数は10個に満たず

ピーク時には300〜400個売れていた。

[ねとらぼ]

 岐阜県美濃加茂市の美濃太田駅にある立ち売り駅弁が、5月31日で終了することが分かりました。



 美濃太田駅での駅弁立ち売り販売は、美濃加茂市のお食事処・向龍館が昭和34年から続けていたもの。販売を行うスタッフが現在75歳と高齢なことに加え、ピーク時には300〜400個売れていた販売数が10個に満たないほどに落ち込んだのも終了する要因となっています。

 駅弁の立ち売り販売はかつては多くの駅で見られましたが徐々に減少し、今では全国的に見ても珍しい存在。販売を行うサトウさんは「もう高齢になったし、始発駅ならまだしもローカル線の中間駅では厳しい。国鉄時代は良かったが、JRになってからは窓も開かなくなり、だんだん売れなくなっていった」と話しています。

 


駅弁

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.