ニュース
» 2019年05月08日 14時31分 公開

結婚するどんな人がいい? トップは「金銭感覚が合う人」 東西で異なる「求める条件」

東と西でかなり違う結果に。

[ねとらぼ]

 結婚するなら「金銭感覚」と「ノリ」が合う人がいい──婚活支援サービスのパートナーエージェントが20〜39歳の独身男女を対象に実施したアンケート調査で、こんな結果が出ました。調査では日本の東西での結婚についての意識の比較もしています。

photo 相手に求めるものは……(Photo by Olivia Bauso on Unsplash
photo 結婚するならどんな人がいい?(ニュースリリースより)

 「結婚するならどんな人がいいですか?」という質問に「金銭感覚が合う人」と答えたのは東日本で46.2%、西日本で54.4%。「ノリが合う人」が東日本で44.6%、西日本で52.6%と続きました。以下も「話を聞いてくれる人」「自分に合わせてくれる人」などが高く、一緒にいてストレスがない、居心地のいい人を求めている傾向があるようです。

photo 結婚したい年齢は?(ニュースリリースより)
photo 現在の交際相手、今までの交際経験は?(ニュースリリースより)

 結婚したい年齢は東日本で「31.92歳」、西日本で「30.01歳」と差があり、特に男性では東日本が「32.19歳」、西日本が「29.96歳」と開きがありました。

photo 結婚相手に求める条件番付(ニュースリリースより)

 結婚相手に求める条件を東日本と西日本で番付にすると、東の横綱は「暴力をしない」、西は「浮気をしない」でした。東で続くのは「清潔感がある」「健康」「見た目がタイプ」「偏りすぎない体型(太りすぎ・痩せすぎなど)」など。西は「借金をしない」「ギャンブルをしない」「煙草を吸わない」「子どもが欲しい」──が続きました。

 「東西を比べてみると、東は見た目やステータスに関する条件が比較的多く上位に入りました。一方、西は一緒に生活することを想定した条件が目立ちました」とパートナーエージェントはコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.