コラム
» 2019年05月08日 20時00分 公開

なんて答えるのが正解なの? 「自分の好みのタイプがわからない」問題

解像度が低いと言語化ができないんですよね……。

[しげる,ねとらぼ]

 自分の好みのタイプがわからない。正直な話、これを書いている今もよくわかっていない。比較的ベタな質問であろう「どんな人が好きなんですか〜?」「芸能人でいうとどんな人が好みなんですか〜?」というアレに、いまだかつてシャッキリとした答えを返せたことがない。

 特に困るのが、オタクでもなんでもない普通の人と話していてそういう質問をされた時である。相手がオタクだったら、そもそもそういう話になること自体があまりない(戦車やオモチャの話をするので忙しいため)のだが、そうじゃない人が相手だと「しげるも彼女とか作ったらいいじゃん」みたいな、なんかそういう話題になったりするのである。そして、「エヘヘそうですね……」とか言って適当にはぐらかそうとしたその時、「じゃあどんな子が好みなんだよ〜!?」と元気よく聞かれてしまうのだ。その場でパッと明確な答えを求められる。これが困る。

恋愛通信空手 「好みのタイプは?」って難しい質問ですよね……

自分の好みのタイプ、わかんなくないですか?

 世の中の人にわかってほしいのだが、全ての人間が全員異性の見た目をずっと気にしていると思ってほしくないのである。そもそも、おれは「見た目(など)で飯を食っている人」以外の見た目にものすごく関心が薄い。

 俳優やアイドルや歌手やモデルや、その他何でもいいけど、個人の見た目が重要な要素を担っている仕事というのはあると思う。そういう仕事に就いている人は自分の見た目をある程度は仕事の道具にしているわけで、そういう道具として磨かれた外見というものには興味がある。でも、普通の人の見た目というものをそこまで気にして生活していて、面白いことってそんなにないと思うのだ。

 さらに言えば、おれはかっこいい男性を眺めるのが好きである。おれ自身は同性愛者ではないが、おれの中では「かっこいい男性」はすなわち「ガンダム」とか「トランスフォーマー」とかと同じ箱に入っている。「アナザー・カントリー」の時のルパート・エヴェレットにはうっとりするし、「仁義なき戦い 広島死闘編」の時の千葉真一を見れば「おれも人前で股間をボリボリかけるような男になりてえ……!」と思う。「HiGH&LOW(ハイロー)」を見ればよくもまあこんなにいろんなタイプの男を並べたものだと感心するし、「ボーダーライン」シリーズに登場する体が分厚く暴力の匂いがする髭面の男たちを見ると無性にうれしくなる。なんせおれはかっこいいものが好きなので、男についてはいろいろと好みもあるのだ。

 しかしこれが女子となると一気に解像度が落ちる。なんせおれは子どもの頃から「かわいいもの」に反応するレーダーが全然働かない。なので、アイドルの人たちは全員同じに見える。「この人たちはアイドルなんだろうな……」くらいの認識しかできず、本当に見分けがつかない。アイドルはアイドルでいろいろな文脈があるものだろうし、そこにコミットしてないなら見分けがつかないのも当たり前だろう。しかし、そもそも興味が薄いのでそういったやる気も出ない。これ、多分おれの母親が人型のロボットを全部「ガンダム」と形容していたのと同じ現象である。

 こういった人間が、最初の方に書いた「好きなタイプってどんな人?」という質問を投げられると、それはもう大変である。まず会話がスムーズなキャッチボールにならず、「好きなタイプ……好きなタイプねえ……」としばらく考え込んでフリーズしてしまい、最終的に「に、人間かな……?」みたいな規模の大きい答えを返してしまう。ちなみにおれの好みをもうちょっと詳細に書くと「何かしら趣味があり、好き嫌いなくしっかり食べ、精神的に健康で嘘をつかない人間」である。何も条件を絞れていない。でも多分、こういう感じで好みのタイプが存在しない人って、黙っているだけでけっこういるんじゃないかと思うのだ。

「だんだんかわいく見えてくる」現象、ありません?

 だがしかし、おれには明確な好みのタイプがない代わりに、「徐々に異性がかわいく見えてくる」という変な機能が搭載されている。これも割と異性に慣れていない人にはよくある話なのではないかと思うのだが、相手から感じ取れる面白ポイントが一定量以上溜まってくると、最初は普通だった人もマジでだんだんかわいく見えてくるのである。

 具体的には、例えば同じ小説を読んでいる(それも特にベストセラーとかじゃないやつ)とか、おれが見たいと思っていた映画を先に見ているとか、嫌いなミュージシャンが一致しているとか、とにかくそういう「お前はおれか!?」というポイントがどさどさ出てくると簡単にピロピロとポイントが溜まっていき、一定の閾値を超えると俄然かわいく見えてくるのだ。イメージ的には「欽ちゃんの仮装大賞」で得点が表示されるあのピカピカ光るやつ、あの感じである。

 しかしこれ、人に言ってもあんまり信じてもらえないのだ。というか、なんかどうも格好をつけているように聞こえるらしいのである。いやしかしですよ、ちょっと冷静になって考えると、これって「あの子、おれと同じ本読んでる!!」つってのぼせ上がるオタクそのものである。自分で書いててつらくなってきたが、要はそのくらいのメンタルで、あとは「かっこいいもの」ばっかり掘ってずっとやってきたというだけであり、別に格好のいい話ではなさそうだ。

 つまり、「こういうタイプの人が好き」というわけではなく「好きになった人が好みのタイプ」という話であり、これをもうちょっと突き詰めると単に自己愛が強いだけなんじゃないのという話になってきそうである。でも多分、繰り返しになるけどおれ以外にもけっこうこういう人っているんじゃなかろうか。というか、他人に興味が薄い人間というのは、往往にしてこういう結論にたどり着きがちなのではないかという気がする。他人に興味ない勢ならきっとわかってくれるはず……!

 というわけで、現在おれが欲しているのは「どんな人が好み?」と言われた時に言い返せる、明確で嘘をついておらずわかりやすくてトラブルになりにくい回答のテンプレートである。「好みとかないんだよね〜」って言っちゃうとマジで嘘くさいじゃん……。これはけっこう本気で求めているので、いい案があったら教えてください!

恋愛通信空手 本日の結論

編集部からのひとこと

  • 好きな芸能人とかAV女優とかを言っておけば解決すると思う。俺はいつも「石原さとみ」って言ってます(男性編集I氏)
  • 合コンとかで「好みのタイプは石原さとみです」という人いたら「そりゃ石原さとみはタイプだよ!!!!!!そういうことじゃあないんだよ!!!!!」ってなりません?(女性編集A氏)
  • 俺は石原さとみが今ほど売れてなかった昔からずっと石原さとみが好きだから……(男性編集I氏)
  • そうか…………ならしょうがないな…………(女性編集A氏)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」