ニュース
» 2019年05月08日 22時20分 公開

ヤフー広告、アフィリエイトサイトなど“成果型報酬サイト”の広告配信を原則不可に 広告配信基準の厳格化で

アフィリエイトサイトがヤフーの広告を使い、自分のサイトに誘導する広告は今後配信不可能になります。【※訂正あり】

[ねとらぼ]

 ヤフーは5月8日、同社の広告配信サービス「Yahoo!プロモーション広告」の審査判断基準を変更し、いわゆる「アフィリエイトサイト」を含む“成果型報酬サイト”の広告掲載を原則不可にすると発表しました。新基準の適用は6月3日から。

【5月9日17時30分追記】※初出時、「成果型報酬サイト“への”広告配信を原則不可に」と記載していましたが、「成果型報酬サイト“の”広告配信を原則不可に」の誤りでした。アフィリエイトサイトがヤフーからの広告を掲載できなくなるわけではなく、「アフィリエイトサイトがヤフーの広告を使い、自分のサイトに誘導する広告を配信できなくなる」というのが今回の審査判断基準変更の内容になります。お詫びして訂正いたします



 「Yahoo!プロモーション広告」では以前から、「ユーザーにとって有用性の低いサイト」の広告は掲載しないと定めていましたが、今回の変更でこれをさらに厳格化。「成果報酬型サイト(アフィリエイトサイトを含む)およびそれと同等と判断したサイト」の広告は配信しないとの基準を新たに示しました(一部、ヤフーが適切であると判断したサイトを除く)。これまで配信されていた広告であっても、新基準に抵触する場合は6月3日以降順次広告配信を停止。なお、変更理由については「ユーザー保護および広告掲載面の品質向上のため」としています。


Yahoo!プロモーション広告 発表ページより、審査判断基準が変更される部分(広告掲載基準本文の変更はなく、判断基準のみの変更)

 「Yahoo!プロモーション広告」では2018年から、広告配信ガイドラインの厳格化に取り組んでおり、去る4月19日にも、掲示板サイトの情報をまとめたサイト(まとめサイト)」や「個人運営のゲームなどの攻略サイト」など約5900件の広告配信を停止していました(関連記事)。


Yahoo!プロモーション広告 発表資料内「よくある質問」でも、アフィリエイトサイトの広告掲載について「はい、掲載できなくなります」ときっぱり回答

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響