ニュース
» 2019年05月09日 15時30分 公開

ハッシュタグ「保育士さんありがとう」に感謝と理解を呼びかける声集まる 大津市での園児死亡事故を受けて

一部報道への反感が広がっています。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 大津市の交差点で5月8日、保育園児の列に車が衝突し2人が亡くなった事故を受け、Twitterではハッシュタグ「#保育士さんありがとう」に、日ごろの保育士への感謝と理解を呼びかける多くの声が寄せられています。


保育士さんありがとう 感謝の声がトレンド入り

保育士さんありがとう Yahoo!リアルタイム検索「#保育士さんありがとう」より


 事故が起こった当時、保育園児と保育士は散歩で琵琶湖に向かっており、信号待ちしていたところに乗用車が衝突しました。検証が進むにつれて、自動車側の前方不注意で発生した事故であったこと、点字ブロックの内側を歩行するように指導していたことや車道側に保育士を配置していたことなど保育園側は十分な注意を払っていたことなどが明らかに。同日開かれた保育園側の記者会見で、一部記者からの被害者であるはずの保育士に過失があるかのように聞こえる質問にも批判が集まっていたこともあり、「保育園の過失ではない」「保育士さんがこれ以上何をすれば事故を防げたのか?」という考えが広がった形です。





 ハッシュタグには心配する声のほか、散歩の重要性や待遇改善、日々感じている保育士への感謝をつづったツイートが散見されます。保育士が気後れせず働ける環境を多くの人々が望んでいます。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.