ニュース
» 2019年05月09日 17時11分 公開

バンダイナムコのIP別売上高、ガンダムやドラゴンボールは大幅プラス、戦隊は半減……の明暗

難しいものです。

[ねとらぼ]

 バンダイナムコホールディングスが5月9日発表した2019年3月期(2018年度)の決算で、IP(知的財産)別の売上高も公表されています。「ドラゴンボール」や「機動戦士ガンダム」などが前期から大幅にプラスだった一方、「スーパー戦隊」はほぼ半減に落ち込むなど、明暗が分かれています。

photo 世界的に人気の「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」(Webサイトより)

 バンダイナムコグループが展開する主要IP別に公表しているもので、海外を含む玩具やゲームなどグループ全体の売上高と、国内トイホビーに限った売上高の2種類です。

photo グループ全体と国内トイホビー事業のIP別売上高(バンダイナムコホールディングスの決算資料より)
photo グループ全体IP別売上高の17年度と18年度の比較グラフ(決算資料より作成)

 グループ全体では、10のIPについて公表。そのうち、前期(17年度)比プラスだったのは「アンパンマン」「ウルトラマン」「仮面ライダー」「機動戦士ガンダム」「ドラゴンボール」「NARUTO」「プリキュア」「ワンピース」──の8タイトルでした。

 中でもドラゴンボールは17年度の979億円から3割増の1290億円に成長。スマートフォンゲームが世界的に人気になったことが要因のようです。新作映画が公開されるなどの動きがあった機動戦士ガンダムも16%増の793億円に拡大しました。

 一方、マイナスだったのは「アイカツ!」と「スーパー戦隊」。特にスーパー戦隊は17年度に194億円だったのが18年度には102億円と、大幅に落ち込んでいます。スーパー戦隊は国内トイホビーでも17年度に91億円でしたが、18年度には60億円にとどまっています。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」は大人からも人気を博していましたが、玩具売り上げでは苦戦したようです。

 ちなみに、この公表から「妖怪ウォッチ」は17年度末から除外されています。14年度には552億円の売上高がありましたが、その後急速に落ち込んだためです。

 バンダイナムコホールディングスが発表した2018年度連結決算は、売上高が前年度比8.0%増の7323億円、営業利益が12.0%増の840億円、純利益が17.1%増の633億円でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン