ニュース
» 2019年05月10日 10時00分 公開

ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻マシーナリーともコラム

バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。

[マシーナリーとも子,ねとらぼ]

 バーチャルYouTuber、マシーナリーとも子による不定期コラム第11回(連載一覧)。今回は以前インタビューさせていただいた縁もあって、去る5月1日に行われた、バーチャルYouTuber「輝夜月」による2nd LIVE「輝夜 月 LIVE@ZeppVR2」を取材してきてもらいました。

 バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのイベントを取材する時代、これがもしかしてシンギュラリティなのか……?


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ

ライター:マシーナリーとも子

マシーナリーとも子 プロフィール

徳で動くバーチャルYouTuber(サイボーグ)。「アイドルマスター シンデレラガールズ」の池袋晶葉ちゃんのファンやプロデューサーを増やして投票してもらうために2018年4月に活動開始。前世はプラモ雑誌の編集をしていたとも言われているが定かではない。現在はBOOTHでグッズを売ったりLINEスタンプ(123)を売ったりしている。スマホアプリ新しいのできました(iOS / Android)。旧アプリ(iOS / Android)や合同誌もあります。お仕事募集中。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/barzam154



いや〜楽しかった!

 ソースビーム! マシーナリーとも子よ。

 去る5月1日、輝夜月ちゃんの2nd LIVE「輝夜 月 LIVE@ZeppVR2」が催されました。先日インタビューさせてもらいまして「めちゃ勉強になるな……。スゲェ〜」とメチャ勉強させてもらった私。今回はZepp DiverCityにて行われたライブビューイングにて拝見させていただきましたので、ゆるゆるとレポをお送りします。取りあえず結論から述べると「ああ……こうやってみんなVR機器買いたくなっちゃうんだな……」と分からされてしまいましたわ。いや〜楽しかったよ。


シチュエーションやタイミング、新曲をハモらせるしっかりしたテーマ設定

 ライブは月面よりスタート……したと思ったら、前回の開催地でもあったZepp VRが粉々に破壊されており、案内役であるエビーバーとパブロッコリーも「なんでやねーん!」と絶叫。直接参加しているVR組は「えええええええ」ってなってたかもしれないけどわれわれ高みの見物を決め込んでいるZepp DiverCity組はゲラゲラ笑っていました。

 が、振り向くとそこには超巨大なタワー、「Zepp VR2」が! そう、ZeppVRは壊滅したのではなくよりスケールアップした月ちゃんのライブのために新生したのだ!


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ ZeppVR2。設計上世界一大きいタワー、らしい。月ちゃんも言ってた

 すると月面のVR参加者たちを紫色の悪いヤツら、「LOW GUYS」が取り囲み襲い掛かる! えっ、ライブなのに悪いヤツらとかいるの!? ストーリーがあるとは聞いてたけど(※インタビュー参照)そういうカンジなの!?  


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ LOW GUYS。新時代・令和に迎合しようとせず未来を見据えない悪いヤツらだ。紫色のエビフライなのだがどことなく『レッキングクルー』のナスビ仮面をほうふつとさせる(第2弾ティーザー映像より)

 エビーバーとパブロッコリーに誘導され、Zepp VR2へと逃げ込むVR参加者。するとそこには……ステージと我らが輝夜月ちゃんが! 登場とともにぶちかまされる1stソング「Beyond The Moon」。会場のテンションが最高潮になるとともに、LOW GUYSたちは消滅するのだった……。


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ 今回の月ちゃんはジャケット羽織ってるのがカワイイ〜

 5月1日という令和初日の新時代の記念すべき日に開催されるにふさわしく、「古い時代を脱却して明るい新時代に向かっていこう!」というコンセプトの本ライブ。進行するにつれて会場はどんどんタワーの頂上へ向かって上昇していき、ステージ上でもVR技術を駆使して瞬時に着替えたり、ステージが大きく様相を変えたり、プロジェクションマッピング的なデコりを見せたり、ライブ中にもかかわらずVR参加者たちが月ちゃんと密接なコミュニケーションを取れたりと、とにかく「どんどん新しくて楽しいことをやっていこう!」という姿勢を見せてくれました。


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ VRなので衣装もステージも一瞬で様変わり

マシーナリーとも子 輝夜月ライブ 会場自体が大きく移動するなど物理法則にとらわれない演出がめじろ押し

 そしてそうしたタイミングやライブのコンセプト、試みが月ちゃんの3rdソング「NEW ERA」と交わっていくという構成はとっても美しい!  月ちゃんやそれを支える人たちは軸がしっかりしとるな〜と感心させられたよ。

 月ちゃんのライブについては前回も今回も「すげえ斬新なライブでこれからの時代を変えていくVRライブの指標となりうる歴史を変えるスゲーイベント!」的な言説が多く、私もそれに異を唱えるつもりはないんだけど、それ以上にこのしっかりとしたテーマ設定にうならされたねえ。ホンマうまいわ。これには2045年からやってきたマシーナリーとも子も脱帽です。


VR参加組がうらやましい!


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ ほかの観客達とともにブチ上がるライブビューイングももちろん楽しいが……。やっぱVRはまったくレイヤーの違う楽しさがあるようで、うらやましかったのです(Photo by 伊藤 愛)

 さて最初に述べた通り今回はZepp DiverCityでのライブビューイングにて参加したわけですが、ライブビューイングならではの会場のドライブ感は楽しめたもののやはり随所で「これVRだったらもっと最高だったんだろうな〜!」と思うところもあり、バーチャルYouTuber活動開始1年超にしていまさらながらVR機器が欲しくなってまいりました。

 だって私らは映画館のスクリーンで見てるだけだけどVRなら月ちゃんと同じ空間にいれるわけだもんな〜! しかも現実のライブよりずっと距離が近いし。視界が全然違うよな〜いいな〜ってのはありましたね。しかもアイツら月ちゃんにハグしてもらったりしてたんだぜ! クソ! 許せねえ〜!! ライブで歌って踊ってしてる演者さんにハグしてもらえるなんてこと、ありますか? でもVRライブだとそれができるんだな。恐ろしい時代だぜまったく。


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ クライマックスではVRステージで舞う紙吹雪に合わせて……(Photo by 伊藤 愛)

マシーナリーとも子 輝夜月ライブ DiverCityでもリアル紙吹雪が舞うという、両会場を連動させた演出も(Photo by 伊藤 愛)

 ほかにも月ちゃんがVR参加者たちを指して「なんかあの辺に関係者の人たちがいる気がするな〜」ってつぶやくとほかのVR参加者が殺到して月ちゃんが「あ”あ”〜〜! 殴らないであげて〜!」って慌てたりとか、月ちゃんの指示に合わせて「令和」の文字を出現させるエモートでみんなで遊んだりとか、「こっ、これはライブビューイングだとフルには味わねえ……! ちくしょう、VR組がうらやましいぜ……!」とハンカチをかむようなシチュエーションが多分に盛り込まれておりました。やっぱライブにしっかりと参加できるってイイよな〜! 私もいい加減VR環境をそろえてNEW ERAに旅立つべきなのかもしれん……。


しっかりUFOが食いたくなってしまう強かさもスゴいぜ

 さてこの2nd LIVEなんですが、「焼きそばUFO」でもコラボした日清がスポンサーなんですね。それもあってか開演前、待機中のZepp DiverCityでは数分ごとに月ちゃんの「UFO」CMの映像が流れていました。で、マキシマム ザ ホルモンの歌が原曲だけあってこの曲が流れたときの会場のテンションのブチ上がりかたがヤバいんですね。まだライブ始まってないのに3回、4回、5回とCMが繰り返されるたびに会場を満たすペンライトの閃光+コールの嵐。UFOのおかげで開場前に完全にDiverCityが臨戦状態まで暖まってしまいました。ありがとうUFO。


動画が取得できませんでした
輝夜月×日清焼そばUFOのCM映像。マキシマム ザ ホルモンの「maximum the hormone II〜これからの麺カタコッテリの話をしよう〜」の替え歌を月ちゃんが歌うという、まさにUFOのソースのように濃い味のコラボ

 そしてライブ終了後、とくにアンコールなどはなかったのですが何の説明もなく焼きそばUFOの曲をバックに月ちゃんが踊る映像が繰り返し流れる! なんか4〜5回くらいやってた!

 で、そこでも繰り返し繰り返し会場のみなさんが狂喜乱舞してウェイウェイやる! スゴい。スゴすぎる。いろいろとかわいい月ちゃんやVRライブの可能性を見せられたのに、われわれが椅子から立ったときに考えたのは「完全にいまUFO食いてえな」だったのです。スポンサーへの配慮が完璧か!?

 しかも会場を出るとスタッフさんから「記念品です!」とビニール袋を手渡される。なんだろう? 月ちゃんグッズかな? と思って中身を検めるとなんといま散々コマーシャルされてしまった日清カップ焼きそばUFOじゃん!!! ホスピタリティが完璧なのかよ。ちょうどいま食いたいと思ってたんだよ!


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ DiverCityで手渡されたカップ焼きそばUFO。もっとも効果的なタイミングでスポンサーの商品を提供する手腕の巧みさに震えが止まらない!

 ライブ自体の構成の巧みさもさることながら、最後まで抜け目ない強かさを見せてくれた「輝夜 月 LIVE@Zepp VR2」。VTuberの先輩の強くかわいく美しいその姿にまたもや「勉強になります……!」と頭を垂れてしまったのでありました。月ちゃん、新時代を見せてくれてありがとう。私もシンギュラリティガンバるよ! そう、シンデレラガール総選挙で池袋晶葉ちゃんを勝たせるためにな……!


マシーナリーとも子 輝夜月ライブ Zepp DiverCityにはマキシマム ザ ホルモンからのお花も届いてました

5月10日18時40分追記

 公式のライブクリップがYouTubeで公開されました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  5. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  6. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  7. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  8. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  9. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」
  10. /nl/articles/2104/10/news044.jpg 「Excelは印刷するまで信じるな」 新社会人がやりがちな“Excel失敗あるある”に「何度騙されたことか」と反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声