ニュース
» 2019年05月10日 11時00分 公開

「Bluetooth」はなぜ「青い歯」なのか?

独特すぎるネーミング。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 今やすっかり身近になったBluetooth(ブルートゥース)。マウスやイヤフォンなど、電子機器を無線で接続するためによく用いられている。



 ところで、Bluetoothという名前を分解すると、Blue=青い、tooth=歯で「青い歯」となる。いかにも隠された意味がありそうな名前だ。


「青歯王」と呼ばれた王様がいた

<青歯王「ハーラル1世」>

 Bluetoothという名前は、「青歯王」の名で知られた10世紀のデンマーク王・ハーラル1世に由来する。青歯王ハーラルは、デンマーク全域を統一し、またノルウェーを統合した功績をもつ。



<「無線通信を統一してやる!」という思い>

 そもそもBluetoothは、近距離無線通信を行う機器同士が接続しやすいように、規格を標準化するために生まれた。複数の関連企業による会議の中で、インテルのJim Kardashが「PC業界と携帯電話業界を近距離無線でつないで統合しようとしている」様をハーラルの政治に見立てて提案したのが、このBluetoothという名前なのだ。

 もしBluetoothという規格が生まれていなかったら、「マウス用」「イヤフォン用」といったようにバラバラの規格を管理しなければならなくなっていたかもしれない。Bluetoothの名に込められた意図の通り、Bluetoothは無線通信を統一することに成功している。


ロゴマークも青歯王に関係がある


よく見るBluetoothのロゴマーク

 Bluetoothの独特なロゴもハーラル1世の名前を表していて、ハーラルのHとブロタン(Blootoothのデンマーク読み)のBを表すルーン文字(ゲルマン人が用いた文字)を組み合わせたもの。ゲルマン文字とラテン文字の対応関係を見れば、ロゴの左半分がH、右半分がBを表していることがよく分かる。

上がルーン文字、下がラテン文字

なぜ青歯王と呼ばれたかははっきりしていない

 ところで、なぜハーラル1世は「青歯王」と呼ばれたのか。「ハーラルの虫歯が青黒く見えたから」という説と、「『黒い英雄』を意味する『ブロタン』が英語で発音される際に『Bluetooth』になった」という説があり、この辺はどうもはっきりしていないようだ。

 いかにもハイテクなイメージのあるBluetooth。その由来は北欧の歴史にあった。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」