ニュース
» 2019年05月11日 12時00分 公開

高さ233m。世界最高クラスのバンジーから飛ぶと、人間の身体はどうなるか?(1/3 ページ)

細胞たちのブーイングに逆らう。

[岡田悠ねとらぼ]


 バカは高いところが好きというが、僕はもちろん好きだ。さらにいうと、高いところから飛び降りるのが好きだ。鳥のように飛びたいとかそういうのじゃなくて、ただ高いところから落ちていきたい。僕の身体は地球の引力には到底逆らえなくて、物理法則の言われるがまま墜落していく。そういう大きなものに、この身を委ねる快感がたまらないのだ。


岡田悠

夜は旅行記やエッセイを書き、昼は会計ソフトを作ってる人。2019年、noteに投稿した「経済制裁下のイランに行ったら色々すごかった」と「近所の寿司屋のクーポンを記録し続けて3年が経った」により、一躍“イランと寿司の人”となる。好きな会計用語は旅費交通費。

Twitternote



飛び降りたい人生

 小学校の時、校庭のフェンスから飛び降りた。足をくじいた。でも痛くはなかった。それよりも興奮というのか、高揚というのか、自分の細胞が身体中を這いずり回っているような、そんな激しいざわめきが僕を支配した。そんな感情を覚えたことはなかった。先生からはなぜ飛び降りたのとひどく詰問されたが、理由なんてどうでもよかった。

 高校の時、家族と初めて富士急ハイランドに行った。そこでFUJIYAMAというジェットコースターに乗って、僕の中のスイッチが入った。そこから絶叫マシンの虜になって、ありとあらゆる遊園地を巡った。カリフォルニア旅行に行った時も、友人たちがディズニーランドへいく中、僕だけ「シックスフラッグズ」という絶叫マシン専門パークに一人でいくほどだった。

 スカイダイビングに挑戦したこともある。ラスベガスで、砂漠の真ん中へと飛び降りた。オンボロの飛行機から雲の中に飛び込んでいくのは、怖いというより爽快だった。

 それでも、どこか物足りなさを感じていた。ジェットコースターは機械で動くし、スカイダイビングはインストラクターが背中についてくれる。そうではなくて、僕は独りで飛び降りたいんだ。たった独りで、虚空にこの身を投げ出したい。校庭のフェンスから飛び降りた時のあの感情を、僕は探し続けていた。


細胞たちのブーイング

 2012年。バンジージャンプを初めて飛んだ。群馬県水上町で、高さ45mからのジャンプ。ジェットコースターやスカイダイビングと違って、バンジーでは自分でその決断をしなければならない。一歩を踏み出すのも辞退するのも、選択は僕に委ねられている。

 いざジャンプ台の上にたつと、その選択には大きな決心がいる。一度躊躇してしまったら、もう二度目は無さそうだ。僕は小刻みに震える唇をぎゅっと噛んで、そのまま重心を前に傾けた。


初めて飛んだ水上のバンジー

 その瞬間、「ザワッ」という音が身体の内側で聞こえた。これだと思った。

 かつてフェンスから飛び降りた時の、「細胞が這いずり回る」あの感じ。これはきっと、僕の身体が「あれ、これから死ぬぞ?」と勘違いして、必死の抵抗をしているのだ。

 最初のバンジーの、その後の記憶はほとんど無い。足からゴムを外した後も、細胞たちのブーイングが鳴り止まなかったことだけは覚えている。

 そこからバンジーの魅力に取り憑かれて、3度ほど飛び降りた。水上町でもう1回、遊園地で1回、そして3回目は茨城県の竜神大吊橋で、国内で最も高い100m級のバンジー。

 どれも思い出深いジャンプだった。特に竜神大吊橋では地元の人も驚くほどの霧が出ていて、橋の下が全く見えないほどだった。



 竜神大吊橋から霧中へのジャンプ。現実とは思えないような幻影の中に静かに呑み込まれていくようで、ひんやりとした水蒸気が僕を優しく包み込んだ。



そして霧になった

天へ突き出た尖塔

 もっと、もっと高いところへ。そうして行き着いたのが、マカオにある「マカオタワー」のバンジーだ。

 高さ338mのマカオタワーには、地上233mに位置する展望台がある。そこからジャンプすることができるのだ。都庁よりも高く、東京タワーの最上階の展望台とほぼ同じ高さ。

 日本最高の竜神大吊橋の2倍を上回る、世界最高クラスのバンジージャンプである。

補足

ギネスワールドレコードの公式サイトには「Highest commercial bungee jump facility (building)」としてマカオタワーが記録されている。ただ中国にそれより高い250mの吊り橋バンジーができるという記事もあって、2019年現在の世界一は確かでは無い。(なおアメリカのコロラド州に300m級のバンジーが存在するという情報もあるが、これは現在は封鎖されている模様だ。)よってこの記事では「世界一」ではなく「世界最高クラス」と表現している。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」