ニュース
» 2019年05月20日 20時00分 公開

滑舌の悪い岡山弁で危機一髪! 教習所の実体験漫画に「あるある」の声

焦ってるときに言われたら、「どっち?」ってなっちゃうやつ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自動車教習所の教官に、滑舌の悪い岡山弁で指示を出されたせいで危険な目に――。そんな経験を岡山県出身の漫画家、相島桃志郎(@AI_momo26)さんが漫画化しました。指示の解釈次第で命が危ない。


アイキャッチ 「いけん」の「ん」が聞き取れるかどうかで意味がだいぶ変わる

 路上教習で右折の際に、教官が強く「いけッ!」と指示。相島さんは素直に「行きます!!」とアクセルを踏みます。


1P

 ところが、教官は「いけ」と言っておきながら、補助ブレーキを踏んで「“いけん”言うたろうが」と注意します。このセリフを標準語にすると、「“いけない”って言ったでしょう」……滑舌のせいで「いけん(ダメ/いけない)」が「行け」に聞こえただけで意味が逆になるとは、なんというワナ。


2P

 後日、相島さんはまた同じ教官の指導で路上教習へ。教習所から出るタイミングを計りかねて教官の判断を仰ぐと、指示は「おえッ!!」……なんだかイヤな予感がしますね。


3P

 相島さんが「追います!!」とアクセルを踏むと、教官は「おえ」と言っておきながら即座にブレーキ。「“おえん”言うたろうが」と叱りつけるのでした。このセリフを標準語にすると、「“いけない”って言ったでしょう」……滑舌のせいで「おえん(ダメ/いけない)」が「追え」に聞こえただけで意味が逆になるとは、なんというデジャヴ。「滑舌以外は良い先生だった」と作者は語っていますが、本件が危なっかしくていけん。


4P 「ちばけなや」は「ふざけるな」の意味


 相島さんによると、「いけん」や「おえん」は「ん」が抜けたり連呼されたりすると、岡山県民でも正確に聞き取れないそうです。こうした言葉の行き違いは、中国地方ではよくあることのようで、漫画へのリプライには「『はよしねっ!!(早くしなさい)』と言われてドキッとした」「岡山弁は怒っているように聞こえがち」など、似た経験談がみられます。

作品提供:相島桃志郎(@AI_momo26)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声