ニュース
» 2019年05月10日 16時29分 公開

ミクシィ、今期の利益は9割減を予想 「モンスト」の落ち込みで巨額の減収減益に

ライト層の活性化が課題とのこと。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 ミクシィは5月10日、2020年3月期の連結業績予想を公表し、本業のもうけを示す営業利益は前期から87.8%減の50億円にとどまる見通しだと発表しました。19年3月期実績の410億円からマイナス360億円と、大幅に落ち込みます。主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク」(モンスト)の売り上げ減少が要因です。

photo ミクシィの屋台骨「モンスターストライク」(公式サイトより)
photo ミクシィの20年3月期は大幅な減収減益に(決算説明資料より)

 2019年3月期の連結決算は売上高が23.8%減の1440億円、営業利益が43.3%減の410億円、純利益は36.5%減の265億円と、大幅な減収減益でした。

 決算に伴い開示した20年3月期の見通しは、売上高が30.6%減の1000億円、営業利益が約9割減の50億円、純利益も88.7%減の30億円と、大きく落ち込む予想です。

 要因はモンストです。ミクシィのエンターテインメント事業は売上高の9割以上を占める屋台骨。中でもユーザー数が世界累計5000万人を超え、スマートフォンゲームのトップセラーを維持してきたモンストが支えています。

 ミクシィによると、現状のモンストは(1)コンテンツがコアユーザー向けになり、ライトユーザー層の消費意欲が低迷、(2)月間アクティブユーザー数は高い水準を維持しているが、1人当たり売上高が低下し、業績不調──という課題を抱えているとのことです。

 今後、3周年の際に売り上げを回復させたマーケティング責任者をモンスト事業のトップに据え、ライトユーザーも楽しめるゲームに立ち返り、ユーザー全体の活性化を図る考えだとしています。

photo モンスト売り上げ減が営業利益に大きなインパクト(決算説明資料より)
photo モンストをこれからどうする?(決算説明資料より)

 ですが、今期もモンストの大幅な減収は避けられないと判断しているようです。モンスト関連が大きな割合を占めるとみられるエンターテインメント事業の今期の売上高は960億円を予想。前期(19年3月期)に1386億円、その前の期(18年3月期)には1759億円だったことを考えると、かなり早いペースで売り上げを失っていることが分かります。

 今期、モンストの売り上げ減少による営業利益へのインパクトは280億円と巨額。会社の移転一時費用や投資などもあり、営業利益は約9割減を見込みます。

 ただ、ミクシィの現金及び現金同等物は3月末で1444億円あるなど、財務に問題はありません。近年はプロスポーツチーム経営にも乗り出していますが、モンストで稼いできた“貯金”で次の事業の柱を創出していくことが同社の課題でしょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.