ニュース
» 2019年05月10日 17時54分 公開

ソフトバンク、ADSLサービスを2024年3月末で終了

2020年3月以降に一部の地域から順次終了していく予定。

[ねとらぼ]

 ソフトバンクは、2024年3月末をもってADSLサービスの提供を終了すると発表しました

 同社のADSLサービスは2001年にスタート。光回線などによるインターネット接続サービスが主流になるなどの市場環境の変化に伴い、保守部材の枯渇や設備の老朽化で安定的なサービス提供が困難な状況が見込まれるためと説明。

 設備の状況を考慮して、2020年3月以降に一部の地域から順次終了していく予定。対象サービスは「Yahoo! BB ADSL」「Yahoo! BB ホワイトプラン」「Yahoo! BB バリュープラン」「SoftBank ブロードバンド ADSL」「SoftBank ブロードバンド ステッププラン」「ホワイトBB」「BBフォン単独サービス」。

Yahoo! BB ADSLは2019年2月に新規申し込みを終了

 NTT東日本・西日本は既に、ADSLの提供を2023年1月で終了すると発表しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.