ニュース
» 2019年05月11日 15時00分 公開

京都「伏見稲荷大社」を自由に歩ける散策ゲームがリアルで美しい 無料ダウンロードで公開中

ただ歩き回るだけでワクワクできそうです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 国内外から観光客が集まる人気の神社、京都の「伏見稲荷大社」をリアルに再現した散策ゲーム「Explore Kyoto's Red Gates」が公開されています。



 有名な千本鳥居はもちろん、かなり広い範囲で同神社が再現されており、一人称視点で自由に歩き回ることができます。場所を巡るチェックリストや“隠されたエリア”、軽いエンディングもあるとのことですが、基本はゲーム内カメラで撮影したり雰囲気を楽しむウォーキングシミュレーターとなっています。


伏見稲荷大社 ウォーキングシミュレーター Explore Kyoto's Red Gates

伏見稲荷大社 ウォーキングシミュレーター Explore Kyoto's Red Gates

 Matt Newell氏(Instagram/Twitter)による個人開発で、以前に訪れた際に「素晴らしい時間を過ごした」という伏見稲荷大社を、ゲームエンジンの「Unreal Engine 4」を使って再現。公式サイトでは実際の写真との比較もありますが、かなり忠実に再現されているのがわかります。


伏見稲荷大社 ウォーキングシミュレーター Explore Kyoto's Red Gates

 プレイしたユーザーからのコメントでもあるように、観光客がいない伏見稲荷大社は特別な雰囲気があり、すでに何度も訪れている人も新鮮な体験ができそうです。ダウンロードは無料から可能な投げ銭形式で、VR対応バージョンは4ドル以上から。

 Matt Newell氏は、他にもニュージーランドの美しい自然を散策できる「New Zealand Recreation」などを公開中。多くの動画は彼のYouTubeチャンネルで見ることができます。


伏見稲荷大社 ウォーキングシミュレーター Explore Kyoto's Red Gates

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.