ニュース
» 2019年05月13日 15時41分 公開

読売テレビ「ten.」の一部コーナー放送休止を発表 「人権に関して強く意識すべき放送局である当社がこのような事態を招いた」と謝罪

読売テレビの公式サイトトップにお詫び文を掲載。

[Kikka,ねとらぼ]

 読売テレビは5月10日に放送した夕方ワイド番組「かんさい情報ネットten.」のコーナー「迷ってナンボ!」内で、不適切な取材を行ったとして、5月13日に謝罪しました。“一般人の性別を確かめる”という企画が視聴者や出演したコメンテーターから問題視されて炎上していました(関連記事)。


謝罪 テレビ 読売テレビのトップページに掲載されている「当社番組についてのおわび」(読売テレビ公式サイトより)

 読売テレビは「一般の方に対し性別を確認するなど、人権上、著しく不適切な取材を行い、その内容を放送致しました。視聴者及び関係者の皆様に深くお詫びします」と公式サイトのトップページに掲載。

 「人権に関して強く意識すべき放送局である当社がこのような事態を招いたことについて、当社としては、重く受け止めています。当該放送に至った経緯を詳細かつ徹底的に検証するとともに、今後はこのようなことが無いように再発防止に向けた具体的な対策に早急に取り組み、視聴者の皆様からの信頼回復に向けて努めてまいります」とした上で、問題となったコーナー「迷ってナンボ!」については当面放送を休止すると発表しました。


謝罪 テレビ 問題となったコーナー「迷ってナンボ!」(番組公式サイトより)

問題の発端は? 

 人々のあらゆる迷いをお笑いコンビの「藤崎マーケット」が街中で徹底リサーチするというコーナー「迷ってナンボ!」。5月10日放送分では、飲食店の店員から、「常連客の性別を確かめてきてほしい」という依頼があったことから、藤崎マーケットの2人が「ちょっと失礼かもしれないですけど、性別ってどちらなのかなって」「純粋な男? 女の人が好きな男?」と一般人に質問したり、免許証の提示を見せるように求めて保険証を提示してもらったりとしているシーンが放送されました。

 さらに、相手の同意を得た上で、胸部を触り、「ちょっとだけやわい」「太った中学生男子の(胸のようだ)」とジェスチャーを交えてコメントする姿も見られました。

 このVTRが流れた途端、スタジオに言ったコメンテーターの若一光司さんは激怒。「(VTR内での)男性か女性かという質問のやりかた、これは許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです。そんなもの、よう平気で放送できるね。どういう感覚ですかこれ、報道番組として? ちゃんと考えろよ」「たとえご本人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシャリティに対してそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」と普段の穏やかな印象とは打って変わって、非常に厳しい言葉で批判しました。


謝罪 テレビ 問題となったコーナー「迷ってナンボ!」(番組公式サイトより)

 ネット上でも若一さんに共感する声が多数上がり、「差別でしかなく不快」「この企画自体がBPO案件。制作関係者への厳正な処分が必要だと思う」という声が上がっていました。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.