調査リポート
» 2019年05月13日 16時28分 公開

4月生まれベビーの名付けトレンド調査 「平成最後」「令和」の影響は?

ベビーカレンダー調べ。

[ねとらぼ]

 ベビーカレンダーは5月13日、「4月生まれベビーの名付けトレンド」調査の結果を発表しました。対象は2019年4月生まれのお子さん1万6375人。“平成最後の名付け”のトレンドはどのようなものだったのでしょうか。

4月生まれベビー

 女の子の名前トップ3は「咲良」「陽菜」「さくら」と春らしいネームが並びます。陽菜は「ひな」のほか、「はるな」「あきな」「ひなた」「ゆな」の読みも採られています。5位の「美桜(主な読み:みお)」、7位の「陽葵(主な読み:ひまり)」なども春の光景や日差しを思い浮かべるような名前ですね。

 男の子の名前トップ3は「蓮」「湊」「樹」。いずれも年間トップ10に入る人気の名前です。「暖(だん、はる)」は年間ランキングでは2017年51位、2018年69位ですが、4月は9位につけています。

平成最後&令和の影響は?

 基本的には、季節にちなんだ名前が例年通り人気だった平成最後の名付けトレンド。ただし細かく見ていくと、「平成」「令和」の影響がみられたようです。

 トップ10には入っていませんが、調査では男の子の名前で平成を思わせる「成平(なりひら)」や、平成と令和のハイブリッドを感じる「令平(りょうへい)」や「令成(りょうせい)」といった名前もあったといいます。また、漢字別に見ると「平」は31人、「成」は10人、「令」は8人、「和」は23人増加。女の子の名前では、「和」のみ人気が高まり、前月より25人増加したとのこと。

 また、読みでは男女ともに「れい」を含む名前のよみが増加。前月と比べると、女の子では23人、男の子では32人、「れい」を含む名前のよみが増加しました。女の子では「れい」「れいか」「れいな」、男の子は「れい」「れいと」「れいじ」「れいや」が人気の結果になりました。

4月生まれベビー 読みのトップ10
4月生まれベビー 漢字のトップ10

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」