調査リポート
» 2019年05月13日 16時28分 公開

4月生まれベビーの名付けトレンド調査 「平成最後」「令和」の影響は?

ベビーカレンダー調べ。

[ねとらぼ]

 ベビーカレンダーは5月13日、「4月生まれベビーの名付けトレンド」調査の結果を発表しました。対象は2019年4月生まれのお子さん1万6375人。“平成最後の名付け”のトレンドはどのようなものだったのでしょうか。

4月生まれベビー

 女の子の名前トップ3は「咲良」「陽菜」「さくら」と春らしいネームが並びます。陽菜は「ひな」のほか、「はるな」「あきな」「ひなた」「ゆな」の読みも採られています。5位の「美桜(主な読み:みお)」、7位の「陽葵(主な読み:ひまり)」なども春の光景や日差しを思い浮かべるような名前ですね。

 男の子の名前トップ3は「蓮」「湊」「樹」。いずれも年間トップ10に入る人気の名前です。「暖(だん、はる)」は年間ランキングでは2017年51位、2018年69位ですが、4月は9位につけています。

平成最後&令和の影響は?

 基本的には、季節にちなんだ名前が例年通り人気だった平成最後の名付けトレンド。ただし細かく見ていくと、「平成」「令和」の影響がみられたようです。

 トップ10には入っていませんが、調査では男の子の名前で平成を思わせる「成平(なりひら)」や、平成と令和のハイブリッドを感じる「令平(りょうへい)」や「令成(りょうせい)」といった名前もあったといいます。また、漢字別に見ると「平」は31人、「成」は10人、「令」は8人、「和」は23人増加。女の子の名前では、「和」のみ人気が高まり、前月より25人増加したとのこと。

 また、読みでは男女ともに「れい」を含む名前のよみが増加。前月と比べると、女の子では23人、男の子では32人、「れい」を含む名前のよみが増加しました。女の子では「れい」「れいか」「れいな」、男の子は「れい」「れいと」「れいじ」「れいや」が人気の結果になりました。

4月生まれベビー 読みのトップ10
4月生まれベビー 漢字のトップ10

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐