ニュース
» 2019年05月13日 18時06分 公開

アドビCC、最新2バージョン以外「非認定」に 「権利侵害の指摘を受けるおそれ」のため

突然の変更にユーザーからは不満も。

[ねとらぼ]

 アドビシステムズの「Creative Cloud」の各種アプリで、突然最新2バージョン以外が「非認定バージョン」になったとしてユーザーの間で困惑が広がっています。

旧バージョンについての説明

 同社は5月8日(米国時間)に、Creative CloudのPhotoshopやInDesignなどについて、最新2バージョンのみダウンロード提供する方針を明らかに日本版のサイトでも、古いバージョンを認定外バージョンとして削除を推奨しています。

認定バージョンと認定外(非認定)バージョン

 事前に通知なくこのような変更があったことで、ユーザーは混乱。CS6までの旧バージョンを使えることがメリットとしてうたわれていたこと、ユーザーによっては業務の都合で旧バージョンが必要になることなどから不満の声が上がっています。

 同社に突然の変更について理由を聞いたところ、一部のバージョンの中に第三者の権利侵害の指摘を受けるリスクがあることが分かったためと説明。これらバージョンの使用によって、同社のみならず、顧客が権利侵害で訴えられる可能性があるとしています。これにより、旧バージョンは非認定バージョンとして使わないよう呼びかけ。

 急な変更となったのは「グローバルの方針」によるものであり、事前の連絡ができなかったことを同社は謝罪しています。ユーザーへは、カスタマーセンターで個別に対応しているとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.