ニュース
» 2019年05月13日 22時28分 公開

海賊版サイト撲滅なるか 弁護士ドットコム、ネット上の著作権侵害コンテンツを調査・取り下げ申請できる新サービス開始

海賊版サイトやリーチサイトなどはもちろん、動画サイトにも対応しているとのこと。

[ねとらぼ]

 弁護士ドットコムは5月13日、インターネット上の著作権侵害コンテンツや不正動画などを調査・取り下げ申請できる新サービス「弁護士ドットコムRights」の提供を開始すると発表しました


弁護士ドットコムRights

 コンテンツの不正利用撲滅を目指したサービスとして、権利者が煩雑な手続きを踏むことなく、容易に著作権侵害対策を行えるようにするというもの。海賊版サイトやリーチサイトなどはもちろん、動画サイトにも対応しているとのこと。

 削除申請までは大きく分けて3ステップ。弁護士ドットコムはあらかじめ顧客から指定されたルールに従い、調査ツールを用いてネット上のコンテンツを検索(ステップ1)。顧客は専用のツール上で検索結果を確認し、不正なコンテンツかどうかを判断(ステップ2)。不正なコンテンツだった場合は「削除申請」ボタンを押せば申請完了となります(ステップ3)。


弁護士ドットコムRights

 通常、こうした削除申請には煩雑な手続きが必要で、増え続ける権利侵害コンテンツに対し、権利者側が全て対応するのは困難とされてきました。しかし、このサービスを使えば短時間でより効果的な対策が可能になるとしています。

 なお、当面は企業による活用を想定していますが、弁護士ドットコムに問い合わせたところ、今後ツールの開発が進めば個人向けの提供という可能性もあるとのこと。料金については非公開ですが、問い合わせがあれば「お伺いして詳細を説明します」とのことでした。

 サービス開始に先立っては、竹書房の協力のもとテストトライアルも実施。竹書房によれば、「Googleの検索結果から著作権侵害サイトが減り、著作者の皆様から正式に許諾を頂いている当社の公式サイトや情報が上位に上がってきています。当社としても満足しており、また著作者の皆様にも満足できる結果かと思います」とのことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.