ニュース
» 2019年05月14日 18時18分 公開

ジョリーパスタ、ゼンショーが完全子会社化で上場廃止へ

最終売買日は7月29日。

[ねとらぼ]

 ゼンショーホールディングス(HD)と子会社でパスタ専門ファミリーレストランを展開するジョリーパスタは5月14日、ゼンショーHDがジョリーパスタを株式交換により8月1日付で完全子会社化すると発表しました。ジョリーパスタ(東証2部)は7月30日付で上場廃止(最終売買は7月29日)となる予定です。

photo パスタ専門ファミレスのジョリーパスタ(Webサイトより)

 ジョリーパスタは1971年、「サンデーサン」として設立。本拠地の山口県を中心に、「サンデーサン」と「ジョリーパスタ」を主要業態として全国に進出しました。

 2007年にゼンショーがサンデーサンを子会社化し、事業再編を経て13年に「ジョリーパスタ」に社名を変更。現在は250店舗(19年3月末時点)を展開し、19年3月期(単体)は売上高211億円に対し純利益11億円を計上しています。

 外食産業を取り巻く事業環境が厳しくなる中、ゼンショーHDが完全子会社化することで、店舗数や営業エリアの大幅な増強や人材確保、物流コスト削減といった相乗効果が見込めるほか、機動的な経営体制の構築も可能になると説明しています。

 ジョリーパスタは1990年に広島証券取引所、2000年に東京証券取引所第2部に上場しました。ジョリーパスタの株式時価総額(14日終値ベース)は約303億円です。

photo ジョリーパスタの株価推移(Yahoo! ファイナンスより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.