ニュース
» 2019年05月15日 10時40分 公開

GW明け、コスメ何買った? Qoo10コスメランキング(5月6日〜12日)

5月6日〜12日のベスト3は?

[ねとらぼ]

 インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」のランキング(5月6日〜12日)から、リップ・アイシャドウ・チークの3部門の人気コスメを紹介します。みんながGW明けに買ったコスメをチェック。

リップランキング

1位 APIEU 水光ティント:1879円

Qoo10 APIEU 水光ティント

2位 APIEU 果汁パンティント:1680円

Qoo10 APIEU 果汁パンティント

3位 M・A・C リップスティック:3000円

Qoo10 M・A・C リップスティック

 「限定春パッケージやカラバリが引き続き強いリップのランキング。注目は5位にランクインしたBBIAのベルベットティント。超密着ティントで鮮明なカラーを長時間キープできます。ムース感覚のリップで使いやすく比較的乾燥もしづらいです。チークにも使えるため、ポーチに1つあると心強いアイテムです」(以下、Qoo10 PR事務局担当者)

アイシャドウランキング

1位 ETUDE HOUSE プレイ カラー アイシャドウ パレット:1780円

Qoo10 ETUDE HOUSE プレイ カラー アイシャドウ パレット

2位 MISSHA Italprism:2245円

Qoo10 MISSHA Italprism

3位 CLIO プロレイアリングアイパレット:3200円

Qoo10 CLIO プロレイアリングアイパレット

 「今週2位にランクインしたのは、クッションファンデで有名なイタルプリズムシリーズのアイシャドウ。イタルプリズムシリーズは『イタリアで作られた韓国コスメ』をテーマにした通常のミシャコスメより大人路線を目指したシリーズです。ひと塗りでクリアに鮮やかに発色し、魅惑的な目元を演出できます! 人気の偏光カラーはこれからの夏のおでかけのキラキラメイクでも活躍しそうです」

 4〜5位にはCLIOのシングルアイシャドウ「プロシングルシャドウ」と「プリズムエアシャドウ」がそれぞれランクイン。春メイクにひとつ新しいカラーを足したくなりますね。

チークランキング

1位 Too Cool For School チーク/ハイライター:1600円

Qoo10 Too Cool For School チーク/ハイライター

2位 CLIO プリズムエアブラッシャー:2500円

Qoo10 CLIO プリズムエアブラッシャー

3位 EGLIPS アップルフィットブラッシャー:1760円

Qoo10 EGLIPS アップルフィットブラッシャー

 「今週はEGLIPSのアップルフィットブラッシャーが3位にランクイン。肌なじみがよく、優しい明るさでナチュラルな立体感を作り出します。微細粒子がお肌に密着し、気になる毛穴をカバーしてくれます! ピュアピンクやセクシーローズ、スイートピーチなど可愛いネーミングが特徴的です」

 1位のToo Cool For Schoolはシェーディングが超有名。同ラインのチーク、ハイライターも、立体的な顔を作るのに役立ってくれます。

※Qoo10調べ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」