ニュース
» 2019年05月15日 12時55分 公開

「FGO」ミステリーイベント「惑う鳴鳳荘の考察」、“イベント開催中”にノベライズ刊行決定 「虚月館殺人事件」と2冊同時に

2冊とも欲しい……。

[ねとらぼ]

 星海社は5月23日、スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」イベントシナリオの公式ノベライズを2冊同時刊行します。2018年5月のイベント「虚月館殺人事件」ノベライズの『FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件』と、本日5月15日からスタートするイベント「惑う鳴鳳荘の考察」を小説にした『FGOミステリー 惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』の2冊です。これはすごい……!

FGOノベライズ イベント開催中にノベライズが刊行される『FGOミステリー 惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』
FGOノベライズ 2018年5月イベントの『FGOミステリー 翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件』も同時発売

 ノベライズ作者は、イベント「虚月館殺人事件」のシナリオを担当したミステリー作家円居挽さん。表紙イラストは2冊とも「FGO」のキャラクターデザインを担当したイラストレーターを起用しており、『翻る虚月館の告解 虚月館殺人事件』はシャーロック・ホームズをデザインした山中虎鉄さん、『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』は新宿のアーチャーをデザインした本庄雷太さんがそれぞれ担当しています。

 「虚月館殺人事件」は、2018年5月11〜25日に開催されたミステリー要素の強い期間限定イベント。『ルヴォワール』シリーズで知られる円居挽さんを起用し、イベント開催中にプレイヤーに「犯人は誰か」を投票させる“犯人当て”の仕掛けを行い、ミステリ好きの間でも大きな話題となりました。

 「惑う鳴鳳荘の考察」は、本日5月15日夕方からスタート予定の期間限定イベント。こちらもミステリーイベントであることが告知されています。「今は亡き映画監督の無念をはらすためカルデアより選ばれし新たな監督とキャストを引き連れ、未完の映画を完成させましょう」――というストーリーで、日ごとにメインシナリオが開放。5月18〜19日に「物語の展開をマスターのみなさまで決める投票をゲーム内にておこないます」と予告されています。犯人当てではなく、展開決め……? また「虚月館」とは異なった仕掛けが期待できそうです。

 「惑う鳴鳳荘の考察」のイベントは5月29日までを予定しているため、なんとイベント中にノベライズが発売される“スマホゲーム史上最速(星海社のリリースより)”の刊行。もちろんネタバレなので、イベントをクリアしてから読むようにしたいところです。

 価格は各1350円(税別)。『惑う鳴鳳荘の考察 鳴鳳荘殺人事件』には、アニメイト、ゲーマーズ、メロンブックスで特典やキャンペーンが実施されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.