ニュース
» 2019年05月15日 15時49分 公開

タイトル戦で振り駒や見届け人が体験できる 「叡王戦」第5期の支援プロジェクト、1日で300万円集まる

叡王戦らしい、ユーザーに身近なタイトル戦へ。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは5月14日、主催する将棋のタイトル戦「第5期叡王戦」の支援プロジェクトをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で開始しました。支援者へのリターンには振り駒や見届け人といったタイトル戦で重要な役目を体験できるサービスを用意しており、1日で目標金額だった200万円を超え300万円以上が集まっています。

「第5期叡王戦」支援プロジェクト(CAMPFIREページより

 叡王戦は2015年に一般棋戦として創設され、2017年の第3期からタイトル戦に昇格。ドワンゴはニコニコ生放送で予選を含む60以上の対局を生中継しており、5月11日に永瀬拓矢七段が新叡王となったばかりの第4期では、ユーザーが有料で各対局を直接体験できる「見届け人」制度を初めて導入するなど、ユーザー参加型のコンテンツに力を入れてきました。

 第5期は2019年6月に開幕。プロジェクトでは1口2000円から支援でき、リターンには生中継の「ご支援者様CM」における名前掲載や、オリジナル扇子のプレゼントなどが用意されています。

生中継に名前が掲載

さらには振り駒や見届人を体験できるリターンも

 さらに5万円以上の場合は、予選・本戦トーナメント決勝の振り駒役と、対局の最初と最後に同席する見届け人役を兼任できる権利。他にも本戦トーナメントの組み合わせを決める抽選カードを引く役などを体験できるリターンもあります。

どの対局で振り駒や見届人が体験できるかは、支援額によって異なる

 目標に達しない場合でも叡王戦は実施する予定でしたが、すでに約200人から300万円以上が集まり、7万円や10万円のコースが品切れとなる人気ぶりを見せています。支援に上限額は設けず、受付は6月14日までです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」