ニュース
» 2019年05月15日 15時49分 公開

タイトル戦で振り駒や見届け人が体験できる 「叡王戦」第5期の支援プロジェクト、1日で300万円集まる

叡王戦らしい、ユーザーに身近なタイトル戦へ。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは5月14日、主催する将棋のタイトル戦「第5期叡王戦」の支援プロジェクトをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で開始しました。支援者へのリターンには振り駒や見届け人といったタイトル戦で重要な役目を体験できるサービスを用意しており、1日で目標金額だった200万円を超え300万円以上が集まっています。

「第5期叡王戦」支援プロジェクト(CAMPFIREページより

 叡王戦は2015年に一般棋戦として創設され、2017年の第3期からタイトル戦に昇格。ドワンゴはニコニコ生放送で予選を含む60以上の対局を生中継しており、5月11日に永瀬拓矢七段が新叡王となったばかりの第4期では、ユーザーが有料で各対局を直接体験できる「見届け人」制度を初めて導入するなど、ユーザー参加型のコンテンツに力を入れてきました。

 第5期は2019年6月に開幕。プロジェクトでは1口2000円から支援でき、リターンには生中継の「ご支援者様CM」における名前掲載や、オリジナル扇子のプレゼントなどが用意されています。

生中継に名前が掲載

さらには振り駒や見届人を体験できるリターンも

 さらに5万円以上の場合は、予選・本戦トーナメント決勝の振り駒役と、対局の最初と最後に同席する見届け人役を兼任できる権利。他にも本戦トーナメントの組み合わせを決める抽選カードを引く役などを体験できるリターンもあります。

どの対局で振り駒や見届人が体験できるかは、支援額によって異なる

 目標に達しない場合でも叡王戦は実施する予定でしたが、すでに約200人から300万円以上が集まり、7万円や10万円のコースが品切れとなる人気ぶりを見せています。支援に上限額は設けず、受付は6月14日までです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」