ニュース
» 2019年05月15日 15時49分 公開

タイトル戦で振り駒や見届け人が体験できる 「叡王戦」第5期の支援プロジェクト、1日で300万円集まる

叡王戦らしい、ユーザーに身近なタイトル戦へ。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは5月14日、主催する将棋のタイトル戦「第5期叡王戦」の支援プロジェクトをクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で開始しました。支援者へのリターンには振り駒や見届け人といったタイトル戦で重要な役目を体験できるサービスを用意しており、1日で目標金額だった200万円を超え300万円以上が集まっています。

「第5期叡王戦」支援プロジェクト(CAMPFIREページより

 叡王戦は2015年に一般棋戦として創設され、2017年の第3期からタイトル戦に昇格。ドワンゴはニコニコ生放送で予選を含む60以上の対局を生中継しており、5月11日に永瀬拓矢七段が新叡王となったばかりの第4期では、ユーザーが有料で各対局を直接体験できる「見届け人」制度を初めて導入するなど、ユーザー参加型のコンテンツに力を入れてきました。

 第5期は2019年6月に開幕。プロジェクトでは1口2000円から支援でき、リターンには生中継の「ご支援者様CM」における名前掲載や、オリジナル扇子のプレゼントなどが用意されています。

生中継に名前が掲載

さらには振り駒や見届人を体験できるリターンも

 さらに5万円以上の場合は、予選・本戦トーナメント決勝の振り駒役と、対局の最初と最後に同席する見届け人役を兼任できる権利。他にも本戦トーナメントの組み合わせを決める抽選カードを引く役などを体験できるリターンもあります。

どの対局で振り駒や見届人が体験できるかは、支援額によって異なる

 目標に達しない場合でも叡王戦は実施する予定でしたが、すでに約200人から300万円以上が集まり、7万円や10万円のコースが品切れとなる人気ぶりを見せています。支援に上限額は設けず、受付は6月14日までです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン