ニュース
» 2019年05月15日 15時36分 公開

「オンキヨー&パイオニア」のホームAV事業、「デノン&マランツ」の米社に譲渡へ

こんな未来は想像できなかった。

[ねとらぼ]

 オンキヨーは5月15日、ホームAV事業の譲渡に向けて、米企業と本格的に協議することで基本合意したと発表しました。譲渡先は、「デノン」「マランツ」を傘下に持つ米Sound Unitedとその親会社のファンドです。

photo オンキヨーのホームAV製品のWebサイト
photo パイオニアのホームAV製品のWebサイト。2015年にオンキヨーに統合されている

 オンキヨーはパイオニアのホームAV事業を2015年に統合しており、ホームAV子会社の「オンキヨー&パイオニア」株式などをSound Unitedに譲渡する方針です。

 譲渡後、オンキヨーはヘッドフォン、イヤフォン、デジタルオーディオなどのモバイル機器を展開する「デジタルライフ事業」と、家電や自動車メーカー向けのOEM(相手先ブランドによる供給)事業に注力します。

photo デノンのWebサイト
photo マランツのWebサイト

 Sound Unitedはスピーカーの「Polk」ブランドを展開するほか、デノンとマランツを統合したディーアンドエムホールディングスを2017年に買収して傘下に収め、業績は安定しているとのことです。

 オンキヨーのホームAV事業は、2018年3月期に売上高346億円、セグメント利益約26億円を計上していますが、18年4月〜12月期は減収減益になっています。オンキヨーは、ホームAV事業の譲渡でデジタルライフ事業などに集中する一方、Sound UnitedはホームAVの著名ブランドをさらに加え、ホームAV事業を強化します。

 この譲渡が成立すれば、オンキヨーとパイオニア、デノンとマランツというオーディオブランドが米社の傘下に収まることになります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.