ニュース
» 2019年05月16日 07時30分 公開

“男装が全くバレてないと思ってる男装女子”の漫画 最後の1ページに「やられた」「うまい」と衝撃の声

人気の“男装女子漫画”の一種かと思ったら、まさかのどんでん返しが……!

[植木 鉢,ねとらぼ]

 『花ざかりの君たちへ』『桜蘭高校ホスト部』『風光る』など、女の子であることを隠して男の園で生活する“男装女子漫画”――バレるかバレないかというハラハラ感に加え、ハーレム状態のなかで起こる禁断の恋が楽しい人気ジャンルです。そうした系統とみられる「男装が全くバレてないと思ってる男装女子」という6ページ漫画がTwitterに投じられたのですが、最後1ページの展開に衝撃を受ける人が続出しています。


男装が全くバレてないと思ってる男装女子の漫画

 男のふりをして学校生活を送る女主人公のモノローグ(独白)で進んでいく本作。男装した姿で転校して2カ月、最初は無理があると思われた計画でしたが意外なことに全くバレていません。2人の男友達は自分を完全に男だと思っている様子。体操服への着替えも制服の下に着込むことで問題なし。


男装が全くバレてないと思ってる男装女子の漫画


男装が全くバレてないと思ってる男装女子の漫画

 合コンにも誘われ、女子だとバレる様子は一向になく仲良し3人組で過ごしていましたが……。うち1人の男友達が、実はヒロシが女子なのではないかと疑い始めます。


男装が全くバレてないと思ってる男装女子の漫画

 キラキラした顔にキレイなまつ毛、そして香るいい匂い。着替えの時間もついつい見つめてしまう。モテなさすぎてヒロシが女子に見えてしまう自分がおかしくなってしまったのではないかと、彼はもう一人の友達・カイに相談の電話をかけたのです。ああ、これは男装に感づいた男友達と主人公で、こじれたラブコメが展開される楽しいやつだ……!


男装が全くバレてないと思ってる男装女子の漫画


男装が全くバレてないと思ってる男装女子の漫画

 と思いきや、ヒロシが女なんてありえないとカイは笑って否定します。なぜなら冒頭から「全くバレていない」と語ってきた男装女子の正体は、カイだったから。キャラ造形として女の子っぽく描かれていたのはヒロシ、しかもカイはツッコミ役としてちょこちょこ出てきた程度。終いにはヒロシのことが気になる男友達の登場で、男装女子はヒロシの方だと思い込んでしまいますが、まさか全てミスリードだったとは……完全にやられました。

 身近な男友達が、自分を疑うどころか女の子っぽい男友達(ヒロシ)の方を好きになり始めるという謎のBL展開に「いっそ面白いほど全くバレる気配がない」と気を良くするカイ。確かにこの状況、当事者としては楽しすぎる。その一方でヒロシはカイの正体が幼馴染の女の子、ウミちゃんではないかと疑い始めていたのでした……。

 モノローグやキャラ配置などあらゆる仕掛けによって、タイトルの「男装女子」を勘違いさせるという秀逸な短編。結末を知ってからあらためて読むとカイが体操服に着替えるシーンでは制服の下に体操服を着込んでいることがわかります。

 描いたのはpixivコミックで『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』を連載中の漫画家・紺吉さん一次創作用のTwitterアカウントに本作を投稿したところ、3万5000回以上リツイートされるなど大反響となりました。読者のほとんどがだまされてしまったようで、「え、そっち!?」「そっちかー!!!!!!」「いや気づかんかったわww」「書き方が上手すぎる笑」とミスリードへの驚きや称賛の声を寄せています。

画像提供:紺吉さん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」