ニュース
» 2019年05月17日 17時00分 公開

筑波大学にある照明が「粋だ」「ステキ」と話題 春夏秋冬で分かれたスイッチを入れると……?

大学内の天井に“星”を見る。

[宮原れい,ねとらぼ]

 筑波大学にある天井照明が粋だと話題になっています。4つある照明のスイッチにはそれぞれ春・夏・秋・冬と書かれ、その下に「北斗七星」「さそり座」「カシオペア」「オリオン座」の文字がありますが……?


筑波大学 施設部 ライト 粋 カシオペア 北斗七星 さそり座 オリオン座 春夏秋冬 このスイッチはまさか……?(画像提供:筑波大学)



 通常なら明るくする場所を切り替えたりする照明スイッチですが、同大学の“春夏秋冬で分かれたスイッチ”はどれも同じ場所のもので、それぞれの季節を代表する星座・星列が天井に現れる照明となっています。点灯するライトの数や位置が変わることで、春なら「北斗七星」、夏なら「さそり座」、秋なら「カシオペア」、冬なら「オリオン座」が出現。この発想がすでにステキですが、実際に大学内に設置するあたり、粋すぎる。


筑波大学 施設部 ライト 粋 カシオペア 北斗七星 さそり座 オリオン座 春夏秋冬 これは粋なセンス(画像提供:@ITF_biol18さん)

 筑波大学に伺ったところ、平成26年(2014年)度に実施された建物のリニューアル工事の際に設置されたものとのこと。キャンパスの施設整備等を担当する施設部によると、「整然と配置するのではなく、四季をイメージしてもらえるようなデザイン」を目指して作られ、さらに「星座の方位と建物の方位も合せました」とのことです。

 ちなみに場所は、学生用の広報掲示板のある「2B棟建物中央吹抜けのホール」です。


筑波大学 施設部 ライト 粋 カシオペア 北斗七星 さそり座 オリオン座 春夏秋冬 画像提供:筑波大学

 同大学に通うおおちま(@ITF_biol18)さんが気づいてツイートしたことで話題になり、コメントでは「これはステキだ」「素晴らしい」と称賛の声が寄せられています。なお、一部のユーザーが「春と秋が逆では…?」とツッコんでいるように、投稿時はなぜかスイッチのシールが貼り替えられていたようです。


筑波大学 施設部 ライト 粋 カシオペア 北斗七星 さそり座 オリオン座 春夏秋冬 画像提供:筑波大学


筑波大学 施設部 ライト 粋 カシオペア 北斗七星 さそり座 オリオン座 春夏秋冬 画像提供:筑波大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.