ニュース
» 2019年05月19日 14時00分 公開

「生きてるみたい」「4K画像よりきれい」 色鉛筆で描いたカブトムシが今にも動き出しそうな完成度

いろんな意味で鳥肌が立ちました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 色鉛筆で描いたカブトムシの絵に「立体感がすごい」「写真にしか見えない」と称賛の声が寄せられています

色鉛筆で描いたカブトムシ 色鉛筆で描いたカブトムシです

 この絵を投稿したのはTwitterユーザーの“ここまる(@Cocomaru_S)”さん。木の枝につかまっているカブトムシを、頭の方から見たアングルで切り取っています。

 その仕上がりは写真と間違えそうなレベル。カブトムシの色ツヤや枝の質感、光の加減などが見事に表現されています。拡大してみると更にびっくり。細かい毛や模様まで描いてあるのが分かります。

色鉛筆で描いたカブトムシ 写真といわれても信じてしまいます

 リプライ欄には「生きてるみたい」「4K画像よりきれい」という感想が。「カブトムシ好きな息子が驚いた」「個展を開いてほしい」という声も寄せられました。

 この作品にかかった時間は30時間ほどとのこと。別の投稿では、枝だけで12時間くらいかかったことが明かされています。


その他の作品

 ここまるさんは人物の絵や食べ物の絵も投稿。橋本環奈ちゃんや嵐の櫻井翔さん、ジューシーなハンバーグやツヤツヤのマグロの握り、歌手のMISIAさんを描いた鉛筆画のメイキングなどを公開しています。


画像提供:ここまる(@Cocomaru_S)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.