レビュー
» 2019年05月20日 11時10分 公開

「ラジエーションハウス」本田翼と窪田正孝がハイタッチの6話 視聴率は最高更新、平成の残り香のような「HERO」感が惜しい(1/2 ページ)

医師と技師の対立を超え、チームに変化していく予感を見せたハイタッチ。

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 5月13日に放送された「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)の第6話。対立していた医師と技師が融和に向かう分岐点は、まさに今回だった。


ラジエーションハウス 杏(本田翼)と唯織(窪田正孝)がハイタッチ! イラスト/まつもとりえこ

第6話あらすじ「IVR(画像下治療)か開腹手術か」

 医師で放射線科長の鏑木安富(浅野和之)は、甘春総合病院長の大森渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた五十嵐唯織(窪田正孝)の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。

 そんな折、公園で手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里(中島琴音)が救急搬送されてきた。CT画像を見た甘春杏(本田翼)は脾臓の出血を確認、将来、傷口が目立たなくて済むよう、画像診断装置で体の中を見ながら治療するIVR(画像下治療)を提案した。ところが鏑木は、万が一のことを考えてIVRではなく開腹手術をするよう命じる。すっかり落ち込んだ杏にどう言葉をかければいいのかわからない唯織は、IVRに関する勉強を始めた。

 鏑木が学会での講演に出かけたある日、大腸ガンで入院中の男性患者が病院内で倒れるという事態が起きた。CT検査の結果、腫瘍からの出血が認められたが、患者は心筋症を合併していることもあり、手術には耐えられないと思われた。時間的な猶予がないことから、杏は鏑木の到着を待たずにIVRを決意。手術中、不安で手が震える杏だったが、唯織たちの励ましとアドバイスのおかげで無事止血に成功した。治療を終えた杏は、唯織とハイタッチした。


ラジエーションハウス 対立していた医師と技師が融和に向かう回だった イラスト/まつもとりえこ

医師vs技師から、技師が医師をサポートする一丸体制へ

 放射線技師の枠を越えた行動を鏑木に指摘される唯織。自分らに打ち解けようとしないプライドの高さを技師から指摘される杏。この2つのシーンから6話は始まった。

 IVRを提案した杏に、命の優先を考えた鏑木は開腹手術を行うよう命じた。前院長である杏の父はIVRの名手だった。父なら開腹手術を行わずに沙里を救えたのでは……? 「そのとき担当した医師がどんな治療をするかで、患者の人生が一変してしまう。それが現実」、黒羽たまき(山口紗弥加)の言葉に落ち込む杏を見て、唯織はIVRの勉強を始めた。唯織は今回、あくまで技師の枠に留まった形で杏をサポートするのだ。

 今まで、このドラマは医師vs技師の対立構造を描いてきた。天敵がいれば、チームの結束が深まるのは必定。医師と対峙する技師たちのチームワークは強い。

 そして今回、技師と医師がようやく一つになった。つまり、放射線科全体のチームワークを描くフェーズに突入したのだ。これは、唯織との接触によって杏が成長したことの表れ。6話のハイライトとも言える唯織と杏のハイタッチは、まるでバッテリーのようだった。放射線技師というバックを信頼し、投げ切って完封勝利を挙げたピッチャーが杏だ。


ラジエーションハウス 6話の見どころはチーム結成の予感。「技師チームがついでるぞー!」本田翼の表情のひとつひとつが胸に迫った イラスト/まつもとりえこ

鏑木は敵か味方か?

 放射線科全体がまとまりかけている中、厄介なのは鏑木の存在だ。

 実は今回、職務に真摯に向き合う鏑木の一面が密かに描かれていた。例えば、周囲に惑わされず沙里の開腹手術を命じた彼の決断。不安定で未熟な杏より、少女の命を優先する鏑木の判断のほうがこのときは明らかに正しかった。学会で出会った美人を袖にし、急患のために病院へ駆け付けた彼の使命感も買える。何より、取材協力した書籍で鏑木は技師のことを医師を支える縁の下の力持ちと描いていた。

 放射線技師にとって、もしかして鏑木は目の上のたんこぶじゃないのかもしれない。今後、彼が技師の理解者になる日が来てもおかしくない。なんだかんだ、みんな医療に対して真摯だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する