ニュース
» 2019年05月21日 08時30分 公開

小中学生のおこづかい事情をバンダイが調査 月の平均額は約2000円、使い道の1位はお菓子やジュース

平均額の内訳をみると、小学校低学年は約1200円、高学年は約2000円、中学生は約2400円。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バンダイが「小中学生のおこづかいに関する意識調査」の結果を発表しました。「定期的におこづかいをもらっている小中学生の、1カ月あたりの平均額は約2000円」など、興味深い結果が出ています。


定期的なおこづかいの1カ月の平均額 祖父母からもら金額は、親からもらう分の約1.5倍。やはり祖父母のほうが甘い?

増額 進級・進学に伴う金額の変更状況を示すグラフ。対象の約60%は据え置きとなっています。厳しい

 調査に際しては、親900人が子どもと一緒に回答。定期的におこづかいをもらっている子は全体の42.7%(小学生34.5%、中学生59%)で、そのうち89.6%が親から、23.2%は祖父母からもらっていることが分かりました。


おこづかいを定期的にもらっている割合 定期的におこづかいをもらっている子は、全体では過半数よりやや少なめ。「中学生からおこづかい制」といった家庭が多いともとれます

定期的におこづかいをもらっている相手 「定期的におこづかいをもらっている相手」グラフ

管理者 おこづかいの管理方法を示すグラフ。大半は子ども自身が管理している

 おこづかいの使い道は、「お菓子やジュースなどの飲食物」(60%)が1位。2位は文房具(35.6%)、3位は漫画(33.7%)と続きます。4位は貯金(25.6%)と、手堅い子も少なくありません。


おこづかいの使い道(総合TOP10) アミューズメント施設の分と家庭用ソフトの分を足せば30%強と、ゲームの割合も高い様子

 学年別にみると、中学生では「交通費」「映画」「外食」が20%を超えて4〜6位に来るなど、遊び方の変化がうかがえる結果に。男女別では、男子はゲームや玩具の割合が増える一方、女子は「友だちへのプレゼント」や「服・アクセサリー」がランクインするなど、異なる傾向がみられます。


おこづかいの使い道(学年別TOP10) 中学生の4〜6位にみえる「少し大人になった感」

おこづかいの使い道(男女別TOP10) 男子はホビー寄り、女子はおしゃれやコミュニケーションに……といった差が

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.