レビュー
» 2019年05月21日 11時37分 公開

向井理史上最高の当たり役「わたし、定時で帰ります。」5話 「セクハラしてくる会社と仕事する必要はない」(1/2 ページ)

「本当にあんな飲み会が楽しい?」「相手に気を持たせるレベルでやめてます」同性に嫌われる女の葛藤がリアル。

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 5月14日放送「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)が取り上げたテーマは、セクハラ。“同性に嫌われる女”と描かれがちな派遣社員・桜宮の葛藤を描いた5話はリアリティにあふれていた。


わたし、定時で帰ります。 「オンナ」を出しすぎて、女性に嫌われそうな社員を「自分を大切に仕事しよう」を抱きしめる結衣(吉高由里子)よかった! イラスト/まつもとりえこ

第5話あらすじ「どこまでならやっていいですか?」

 ある日、ランダー社から緊急の要件だと呼び出された制作4部のメンバー。先日OKが出たはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」とダメを出され、困り果てる東山結衣(吉高由里子)たちであったが、桜宮彩奈(清水くるみ)は先方の要求をあっさり承諾した。「桜宮さんに任せておけば問題なし!」と笑顔で中西(大澄賢也)らに言われ、結衣はランダー社と桜宮の関係を不信に思う。

 後日、2人だけでランダー社に行った結衣と種田晃太郎(向井理)。そこで晃太郎は桜宮がセクハラされているとの報告を受けたと中西に告げた。中西は飲みの席で桜宮と盛り上がっている動画を見せ「そんなバカなまねはしない」と強調する。帰社後、結衣は「本当にあんな飲み会が楽しい?」と桜宮に問うが、彼女は「どこまでならやっていいですか?」「相手に気を持たせるレベルでやめてます」と笑顔で返答した。

 その日、中西からグラウンドでのランニングの誘いを受けた桜宮は、「開発中のウェアのモニターをしてほしい」と水着のようなウェアを手渡され、仕方なくそれを着てランニングした。翌日、吾妻徹(柄本時生)に呼び出された結衣はランダー社の草加(田本清嵐)と会い、ウェアを着て走る桜宮の動画を見せてもらう。怒り心頭の結衣は動画を晃太郎と福永清次(ユースケ・サンタマリア)に見せた。晃太郎は「一旦、俺に預からせてくれ」と言って席を立った。

 その日はランダーとの打ち合わせがあり、結衣は中西に「桜宮にセクハラをするな」と訴える。そのタイミングで、晃太郎が遅れて到着。晃太郎は結衣の態度を謝罪しながら、ポストイットで「そのまま、続行。先方を怒らせていいから言いたいことを俺に」と結衣に指示、結衣はランダー社への文句を言い続けた。たまらず、「この仕事は他社に任せる!」と怒り叫ぶ中西。その言葉を聞いた晃太郎は「承知しました」と言って退出した。実は晃太郎は制作本部長とあらかじめ話をしており、悪評が出ているランダー社から断られるようにしろと指示を受けていたのだ。しばらくして、ランダーのブラック体質は週刊誌に掲載された。

 屋上で「ウェアを着ろと言われたときは情けなかった」と涙する桜宮。結衣はそんな彼女を「自分を大切に仕事しよう」と抱きしめた。

反感を買いやすい桜宮の葛藤を掘り下げていた

 桜宮のような存在にはリアリティがある。愛嬌があって、ノリが良く、容姿が良い女の子。自分の腕に自信が持てなかった彼女は「相手に気を持たせるくらいのほうがうまくいく」と割り切っていた。事実、その方法で仕事が円滑になることは多い。でも、両刃(もろは)の剣だ。相手からのハラスメントが強くなりかねない。身を削ることでしか勝負できないと思い込み、いつしか消耗している。そんな女性はよく見てきた。「どこまでならやっていいですか?」と戦略的なつもりでも、そんな割り切れるほど人は強くない。しまいには露出の激しいウェアを着せられ「さすがに情けなかった」と桜宮は涙を見せた

 彼女のようなひとが職場にいた場合、周囲(男女問わず)のリアクションでありがちなのは「自業自得」と切り捨てる態度である。しかし、“同性に嫌われる女”と描かれがちな桜宮の葛藤を、このドラマは丹念に掘り下げた。仕事のために自らを犠牲にしてはいけない。「自分を大切に仕事しよう」と結衣が桜宮を抱きしめる場面には救いがあった。泣くほどのつらさを見て見ぬふりしてきた彼女に「桜宮さんは腕あるよ」と言葉をかけた結衣。やはり、彼女もこんな風に正当に認めてもらいたかったのだ。

 そういう意味で、福永の存在は見逃せない。身を削って成功しようとする桜宮を“便利な子”呼ばわりし、「プライベートで飲みに行く分には自由」「女性ならではの役割がある」と口にしてしまえる怖さ。この手の上司は世に多いが、「あの飲み会は変」と正面切って言ってくれる存在はあまりいない

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」