ニュース
» 2019年05月21日 14時37分 公開

セブン-イレブン、「7pay」を7月1日に開始 PayPay、メルペイ、LINE Pay支払いも可能に

独自サービスに加え、5社のバーコード決済にも対応します。

[ねとらぼ]

 セブン-イレブン・ジャパンは5月21日、独自のスマートフォン決済サービス「7pay」を7月1日から全国のセブン-イレブンで始めると発表しました。7payのほか、「PayPay」など5社のサービスにも同時に対応します。

photo 7payのイメージ

 7payはセブン-イレブン独自のバーコード決済サービス。セブン‐イレブンアプリ内から最短2タップの画面遷移で登録でき、支払い時もボタン1つでバーコードを表示できるとのことです。チャージは店頭レジやセブン銀行ATM、各種クレジットカードなどから行えます。また、7payでの支払い200円(税別)で1nanacoポイントを付与します。

photo サービスの概要(ニュースリリースより)
photo 同時対応するバーコード決済サービス。グループ企業のセブン・ペイが接続中継を担う形になります。(ニュースリリースより)

 7payのほか、PayPay、メルペイ、LINE Pay、アリペイ(Alipay)、WeChat Payの5サービスにも対応。従業員がレジを操作する際、ボタン1つで全てのバーコード決済に対応可能できる新機能を独自開発し、加盟店の負荷を軽減するとしています。

 セブン-イレブンでは既に電子マネー「nanaco」や交通系電子マネー、クレジットカードによる支払いが可能ですが、独自バーコード決済の導入で顧客との接点を強化していく考えです。

photo ポイント還元

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.