ニュース
» 2019年05月22日 18時25分 公開

「Twitterってアカウントをメアドから探せたのか……」 古くからある機能に焦る人続出

知人へのアカバレが怖い場合もありますからね……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「Twitterが、いつの間にかアカウントを(それにひも付いた)メールアドレスから探せるようになっていた」と、驚くツイートが話題になっています。つまり、Twitter開始時に使用したアドレスを知る友人や家族などに、アカウントがばれる可能性があるわけで、あわてて設定を見直す人も多いようです。



 これは本来、友人や知人とつながりやすくするための機能。TwitterへGmailやOutlookのアドレス帳を登録すると利用可能になるもので、登録されたメールアドレスや電話番号の持ち主がTwitterユーザーだった場合、そのアカウントが「おすすめユーザー」として提案される仕組みになっています。


アカウント登録 メールアドレスを直接入力して探せるわけではなく、「設定とプライバシー」→「友だちを見つける」から他サービスのアドレス帳を登録して初めて、それに関連するアカウントがおすすめとして通知される

 Twitterに問い合わせたところ、この機能は古くから実装されているもの。メールアドレスを検索のキーとして許可する設定は、デフォルトでオンになっているとの回答でした。不用意にアカウントを知られたくない人は、「設定とプライバシー」から「プライバシーとセキュリティ」を選び、「見つけやすさと連絡先」の項目で「メールアドレスの照合と通知を許可する」をオフにしましょう。


チェック 「メールアドレスの照合と通知」は、初期状態でオンになっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.