ニュース
» 2019年05月23日 19時30分 公開

改札を抜ければどこへでも行ける 地下鉄の駅ですれ違う人を描く漫画に感情がこみ上げる(1/2 ページ)

改札を抜けて電車に乗って乗り換えたら空港も沖縄もその先も、どこへも行ける。

[ねとらぼ]

 東京の地下鉄の駅構内にある沖縄物産店を軸に、さまざまな人のドラマがすれ違う漫画「地下鉄に花と島唄」がぐっとくると好評を博しています。作者は鷹行静(@tsiz1223)さん。

 流れる島唄とハイビスカス。「私が改札に飛び込んで消えたら、どうぞ花を手向けてください」という印象的なフレーズで始まる物語。最初に登場するのは漫画家を諦めて就職活動中の男性。物産店で働く女性を見て、つい彼女を主役にした漫画のストーリーを考え始めてしまいます。物語を描くことを自ら捨てようとしているのに、それでも空想のキャラクターが閉塞を打破する場面を思い描いてしまうのです。

島唄が流れる駅構内の沖縄物産店で働く女性と、駅を訪れた人たちの話

 次に登場するのは不倫相手と待ち合わせする女性。遅れているのに連絡もよこさない相手を待ちながら、沖縄物産店を見て、不倫相手との沖縄旅行を思い出します。青い海と白い砂浜と子どものようにはしゃぐ彼。「こんなに胸が苦しくなるようなことがあるんだって思ったのに」、今の自分は「出口の見えない地下通路」のよう。

 そして物語は物産店で働く女性の視点へ。絶え間ない人の流れを眺めながら、自分だけ行き場がないような気持ちになるという彼女。「向こう側に青く光る海があって、自分だけがそこから遠く切り離されているような」気持ちをつづります。そんな彼女が外国から来た少年と出会ったことをきっかけに、地下鉄の改札が海の向こうへもつながっていることに気づきます。改札を抜けて電車に乗って乗り換えたら空港も沖縄もその先も、どこへも行ける、と。

改札の向こうは遠い国につながっている

 なぜかよくわからないまま、彼女は出発する少年を追いかけます。「まるで、一列に並んだ改札が一気に開いたみたいに」自分をせき止めていた何かが開いたような気がしたから。働きながら漫画を続けようと決めたあの男性と、待ち合わせをやめて歩き出したあの女性の脇を通り抜けて彼女は走ります。少年に渡したいものがあるから――。

 地下鉄の駅で、3人の物語が交わるわけではなく、すれ違いながらも巧みに収束していく展開が秀逸です。「閉じた改札」のように行き詰まった現状から、それぞれが一歩を踏み出す結末が胸に響きます。

 読者からは「全て見た後言葉に出来ないとっても素敵な感情で心が埋め尽くされた気がしました」「なんで泣いちゃうのか分からないけど、でもなんか、心に滑り込んでくるものが確かにあって、好きです」と言葉に出来ない感情がこみ上げてくるという声も寄せられています。

 「地下鉄に花と島唄」は、鷹行さんが2015年にコミティアで発行した同人誌に掲載されたお話。鷹行さんの作品はTwitterやpixivで読むことができます。

「地下鉄に花と島唄」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」