ニュース
» 2019年05月24日 08時00分 公開

スマホ1台でアバターまとってカラオケできる機能、生配信アプリ「Mirrativ」に実装 楽曲はJOYSOUND提供

でVtuberのようなトークができるバーチャル配信機能「エモモ」の拡張コンテンツ。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 生配信アプリ「Mirrativ」のバーチャルカラオケ機能「エモカラ」が発表されました。アバターをまとった状態でカラオケ配信が可能になります。


エモカラ カラオケもバーチャルの時代がやってきた!


 今回実装されたエモカラは、スマホ1台でVtuberのようなトークができるバーチャル配信機能「エモモ」の拡張コンテンツ。エモモ配信中であればいつでもカラオケに移行できます。

 曲が開始すると本物のカラオケ同様に歌詞がなぞられていき、歌声にあわせてアバターがステップを刻みます。カラオケ楽曲はJOYSOUNDが提供。視聴者は紙吹雪やギフトでカラオケを盛り上げることが可能です。


エモカラ 楽曲はJOYSOUNDが提供

エモカラ 視聴者側からの盛り上げ機能も充実

 Mirrativを提供するミラティブ社は、バーチャルカラオケについて「“歌が好き”“歌手になりたい・なりたかった”“みんなの前で歌うのは、ちょっとだけ恥ずかしいけど誰かに聞いてほしい”“歌うと元気になれる”など、人々の日常の感情や才能を解き放つ場になれば」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.