ニュース
» 2019年05月24日 17時39分 公開

「荒野行動」の配信・開発停止求める裁判が和解で決着 ただし和解条件については明かされず

バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」運営との間で争われていたもの。

[ねとらぼ]

 バトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)」を運営するPUBG.Corpと、「荒野行動」「Rules of Survival」を運営するNetEase Gamesの間で争われていた裁判が、和解で決着していたことが分かりました。NetEase Gamesが5月24日、正式に発表したもの

 「荒野行動」「Rules of Survival」のルールや内容が「PUBG」に酷似しているとし、PUBG.CorpがNetEase Gamesを訴えていたもの。詳細な和解条件については伏せられていますが、少なくとも「PUBG」側が当初求めていた「配信・開発差し止め」については達成できなかった形になります。




 「PUBG」は今や一大ジャンルに成長した「バトルロイヤルゲーム」の先駆け的存在。「荒野行動」「Rules of Survival」はいずれも後発作品でしたが、ルールや雰囲気などが「PUBG」に酷似していたことから、一部では「(PUBGの)ほぼ丸パクリ」などと批判する声もみられていました。今回の発表にあたり、NetEase Gamesは「今後もプレイヤーに新しい作品や新しい開発を提供し続け、また既存作品の運営においても引き続き品質向上に努めてまいりたいと考えております」とコメントしています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.