ニュース
» 2019年05月26日 15時00分 公開

猫の数だけ形がある 愛猫の最期に向き合うための1冊『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』

考えたくないけど考えておきたい。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 愛猫の余命が残りわずかと知ったときに飼い主さんができることを考える本『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』が、5月13日に日東書院本社(辰巳出版グループ)から発売されました。価格は1404円(税込)。

猫のターミナルケア 猫びより編集部による『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』(漫画:ななおん イラスト:小野崎理香)

 同書は、余命わずかと診断された猫の“もすけ”と飼い主・鈴木のターミナル期(終末期)から看取りまでを描いた物語。余命宣告、愛猫にとっての心地よい環境作り、投薬・ごはんのコツ、緩和ケア、おみおくりなどについてやわらかい絵柄の漫画で描かれています。

もくじ

プロローグ ぼくともすけ

Vol.1 余命宣告

Vol.2 心地よい環境

Vol.3 投薬

Vol.4 ごはん

Vol.5 副作用

Vol.6 治療の選択

Vol.7 緩和ケア

Vol.8 発作

Vol.9 鈴木スペシャル

Vol.10 もすけ

Vol.11 おみおくり

エピローグ 日にちぐすり

「ドクターズコラム」「猫せんぱいの知恵袋」各8カ所にあり

余命宣告

 飼い主の鈴木は34歳の会社員。もすけとの暮らしは14年になります。もすけの体調がおかしいので動物病院に連れて行った鈴木は、悪性のリンパ腫があることを告げられます。

 ペットが自分より先に死ぬことは分かっていても現実を受け入れられない鈴木。それでももすけはたんたんと生きています。

猫のターミナルケア もすけと鈴木の物語です

 どんよりとした気持ちで再訪した動物病院の待合室で、猫の保護ボランティアをしている女性と知り合った鈴木。「やることはいっぱいある」「あなたにしかできないことがある」と励まされます。

 先生と話し合って今後の治療方針を決める鈴木。もすけは早速、抗がん剤治療をスタートします。

猫のターミナルケア もすけと一緒に頑張ることを決めた飼い主の鈴木

多彩な内容

 同書は漫画ページの他に「ドクターズコラム」や「猫せんぱいの知恵袋」のコーナーがあり、動物病院院長の話や保護猫活動をしている方のケア方法などが紹介されています。投薬のコツや家庭での点滴の方法も具体的なイラスト入りで参考になりそうです。

猫のターミナルケア ドクターズコラム
猫のターミナルケア 投薬のコツや
猫のターミナルケア 家庭での点滴の方法も紹介

鈴木スペシャル

 残された日が少ないことを悟った鈴木は強制給餌や投薬を中止します。もすけが好きな出窓に座り、一緒に日向ぼっこをする鈴木。なでられるのが好きで、話しかけると返事をする甘えん坊のもすけ。鈴木は、これまで紡いできた関係を適度に続けることが、両者にとってのスペシャルケアだと考えます。

猫のターミナルケア 1匹と1人の間にやさしい時間が流れます

 後半のページではエンゼルケアの方法も紹介。イザというときに慌てないために心に留めておきたい内容になっています。

猫のターミナルケア エンゼルケアの方法にも触れています

 全体監修は養生法のセミナーなどで活躍するドクターの古山範子さん。医療指導は「アール動物病院」院長の西村知美さん。ケア指導は東京都で保護猫活動をする武原淑子さん。構成・文・まんが原作は2匹の猫と暮らすライターの粟田佳織さん。

 それぞれ看取りの経験があるというみなさんの話は猫ちゃんへの愛情でいっぱい。ハンカチ必須の1冊になっています。

原作者・栗田さんより

 数年前にはじめての猫を看取った経験からターミナルケアの情報のニーズを強く感じ、本書の企画に至りました。愛猫はもともと病弱で投薬や通院が常になっており、ペット医療の知識や命に対する意識もそれなりに高いつもりでいましたが、いざターミナル期に突入すると何も役に立たず、弱っていく愛猫を前にとまどうことばかり。本当に知りたいことはネットや本にも載っておらず無力感でいっぱいでした。

 大切なのは正解ではなく自信なのだと気づいたのは、見送った後のことです。愛猫のことをいちばんわかっているのは自分なのだと自信をもてば、あらゆる選択や決断が潔くできただろうし、強くいられたのだろうと。そして自信を育むのは生きていっしょに過ごした時間なのだと。

 ターミナル期も看取りも猫と生きた時間の集大成、だからこそいっしょにいる時間の尊さを実感してほしいし、自信をもって看取ってほしい。そんな思いを込めて作った一冊です。


猫のターミナルケア ハンカチ必須の1冊です

(漫画:ななおん イラスト:小野崎理香 編:ねこなび編集部)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  4. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  5. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  6. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  7. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  8. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  9. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか
  10. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」