レビュー
» 2019年05月27日 11時00分 公開

浜野謙太好演の「ラジエーションハウス」7話 技師・窪田正孝の活躍のせいで、医師・本田翼は自信喪失「技師ができることが私にはできないのか……」(1/2 ページ)

「見た目に惑わされるな」というテーマを体現した浜野謙太。

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 5月20日放送「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)の主役は軒下吾郎(浜野謙太)。医師を目指していた軒下のコンプレックスと、技師であり続けようとする五十嵐唯織(窪田正孝)が対照的な7話だった。


ラジエーションハウス 唯織(窪田正孝)は医師なのか? 技師なのか? イラスト/まつもとりえこ

第7話あらすじ「検査で患者は救えないのか」

 乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやって来る。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。

 真貴のマンモ画像を読影した甘春杏(本田翼)は、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。再検査が2カ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか泣きついた。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。唯織は軒下がこぼした「検査では患者は救えないのか」という言葉で何かに気付き、真貴のマンモグラフィ検査を再度行うことにする。結果、真貴のしこりは良性の腫瘍の可能性が高いとわかった。

 真貴ががんではないと知った軒下。帰ろうとする真貴たちに、医者だと嘘をついたことを彼は告白して謝った。すると真貴は、「患者を救うっていう夢は叶えている。私たちを救ってくれたのは技師さんだよ」と返答した。

 あくる朝、小野寺俊夫(遠藤憲一)は唯織に声をかけ、ピレス教授の研究室のサイトを見せた。そこには、白衣を着た唯織の姿があった。「お前よ、何者なんだ?」と小野寺に尋ねられた唯織は、答えに窮した。

「見た目に惑わされるな」というテーマを体現した放射技師・軒下の腕

 今回の主役は軒下だった。彼の存在そのものが、そのまま7話のテーマになっていた。

 外傷の急患を担当した広瀬裕乃(広瀬アリス)。患者の右腕の骨折を疑う裕乃に軒下はアドバイスした。

 「見た目に惑わされんな。大事なのは観察だ。折れてるほうの腕で殴ってくる奴いねえだろ」

 真貴の胸部の追加撮影を行った唯織は、しこりについて「角度を変えてしっかり見つめると違う顔が出てきます」と説明した。急患の対応も、しこりへの見解も、まるで軒下の人となりそのままだ。パッと見は無責任でも、技師の腕は一流の軒下。いつもボロクソに言ってくる同僚も、本心では信頼している。そういえば、デート中に軒下が飲んでいたのはワインに見せかけたぶどうジュースだったし。

 対象をよく見つめ、本質を見極めることが大事。軒下にそう教えられた気がする。そんな彼も裕乃から受け取ったノニ茶をよく見ずにグイグイ飲み、むせてしまっているのだが。


ラジエーションハウス 7話の見どころは、軒下(浜野謙太)の存在そのもの。「対象をよく見つめ、本質を見極めることが大事」と教えられた気がした イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」