ニュース
» 2019年05月28日 21時15分 公開

傷が増えるほど個性的になるカッティングマットがナイスアイデア サンスター文具「文房具アイデアコンテスト」結果発表

全部ほしい。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 サンスター文具が主催する第24回「文房具アイデアコンテスト」の受賞作品が発表されました。「OPEN」をテーマに据えた夢のある文房具が並んでいます。


文房具アイデアコンテスト 日本で最も歴史のある文房具コンテスト

 「文房具アイデアコンテスト」は今年度で24回目を迎える歴史の深いコンテストです。15歳(中学生)以下が対象の「ジュニア部門」と、全年齢対象の「一般部門」にわかれており、過去には受賞作品が商品化された例もあります。

 「ジュニア部門」でグランプリに輝いたのは、植木荀さんによる「タイムスリップ?!レッツゴマシン!!」。勉強机に外付けするスクリーン型の製品となっており、学習内容に関連した映像、音、匂いを発することで、五感を活用した勉強を可能にします。

 イラスト、アイデアともにインパクトのある本作品ですが、中でも審査員を驚かせたのは「病院で勉強する子供も学校に来ている気分になる」の一文だったといいます。「スクリーンに教室の映像を投影する」という思いやりにあふれた用途が受賞の決め手になりました。


文房具アイデアコンテスト 「タイムスリップ?!レッツゴマシン!!」(植木荀さん)

文房具アイデアコンテスト サンスター文具による試作品

 「一般部門」では山形隼さんの「色が現れるカッティングマット」がグランプリに。本来であれば使い込むほど傷が増え、痛々しい姿になっていくカッティングマットのマイナスイメージをプラスに逆転。傷がつくたびにカラフルなグラデーションの層が姿を現し、楽しく個性的な姿へと変わります。

 審査員からは「カッティングマットにとどまらず、あらゆる道具に応用できる可能性さえ開いてくれた秀逸なアイデア」と絶賛されました。


文房具アイデアコンテスト 「色が現れるカッティングマット」山形隼さん

 優秀賞や審査員特別賞もグランプリに負けず劣らぬ力作ぞろい。サンスター文具が製作した試作品の写真も相まって、商品化への期待が否が応にも高まります。受賞作品は「文房具アイデアコンテスト」公式サイトで確認できます。


文房具アイデアコンテスト 「おしり型えんぴつけずり」(田邊利明さん、田邊未暁さん、田邊寛明さん、田邊咲希さん)

文房具アイデアコンテスト 「腕時計型 印鑑ケース」(相川裕一さん)

文房具アイデアコンテスト 「アイコン付箋」(岩崎正平さん)

文房具アイデアコンテスト 「コメクレル」(石川和也さん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン